野村不動産(仮称)PMO EX本町三丁目PJの隣接地を買収、オフィスビルを一体開発へ

2022年4月(南東から撮影)

野村不動産は、中規模ハイグレードオフイス「PMO」を展開しており、大阪市中央区の旧大阪滋賀ビル跡地に「(仮称)PMO EX本町三丁目PJ/(仮称)H¹O本町三丁目PJ(ビル内併設)」を2023年10月に開業する予定たっだ。

しかし、2022年3月18日付け日経不動産マーケット情報によると「野村不動産が大韓航空からオフィス用地取得し、すでに保有している隣接地とまとめてオフィスビルを開発する。」ことになった。参照 https://nfm.nikkeibp.co.jp/atcl/news/21/00001/01536/

2022年4月(南から撮影)

  • 当ブログ調べでは、旧滋賀銀行跡地の敷地面積は約1,100㎡、旧大韓航空ビルの敷地面積は約400㎡で合計の敷地面積約1,500㎡になると思われる。
  • 建ぺい率80%・容積率800%なので、オフィスビルの規模は、建築面積約1,200㎡、延床面積約12,000㎡、地上10階建て程度になる可能性がある。

旧大阪滋賀ビルの解体工事は竹中工務店が担当し、2020年10月1日に着工しており、2021年10月1日に完了する予定で、2022年4月現在、更地になっている。

地図

大韓航空ビルの解体も竹中工務店が担当する

大韓航空ビルの解体は、2022年12月末に完了するかもしれない

以下は当ブログ予想

(仮称)PMO EX本町三丁目PJ/(仮称)H¹O本町三丁目PJ

名称(仮称)PMO EX本町三丁目PJ/(仮称)H¹O本町三丁目PJ
所在地大阪市中央区本町3丁目
用途中規模ハイグレードオフイス
敷地面積約1,500㎡(当ブログ予想)
建築面積約1,200㎡(当ブログ予想)
延床面積約12,000㎡(当ブログ予想)
階数地上10階(当ブログ予想)
高さ高さ50m(当ブログ予想)
構造
建築主野村不動産
設計
施工
着工2021年10月以降(解体完了は2021年10月1日予定)
竣工2023年10月(以前の計画)
  • 「PMO」は1フロアに1テナントを原則とする
  • 「PMO EX」は1フロアを分割することができる。(1フロアを1テナント専有とすることもできる。)

 

2020年12月

2020年12月(南から撮影)

2020年12月(南西から撮影)

2020年12月(西側から撮影)

 

オフィスビル以外の可能性

敷地面積が約1,500㎡に拡大したことで、タワーマンションの可能性もあるのではないか?

2022年3月(南面を撮影)

「クレヴィアタワー御堂筋本町」の規模は、30階建・高さ約100m・総戸数170戸。

名称クレヴィアタワー御堂筋本町
所在地大阪市中央区安土町3丁目
用途共同住宅(分譲)
敷地面積1,322.57㎡
建築面積816.84㎡
延床面積17,522.78㎡
容積対象面積11,896.59㎡
構造鉄筋コンクリート造
階数地上30階・地下1階・塔屋2階
高さ99.99m
戸数170戸
建築主伊藤忠都市開発・東急不動産・近鉄不動産・エヌ・ティ・ティ都市開発
設計IAO竹田設計
構造設計・施工日本国土開発
着工予定2019年9月初旬
竣工予定2022年3月下旬

 

ホテルの可能性は?

野村不動産ホテルズは、「ノーガホテル清水京都」(NOHGA HOTEL KIYOMIZU KYOTO)を2022年4月1日に開業した。

ホテルの規模は、地上6階・207室で、設計はノム建築設計室が担当した。

名称ノーガホテル清水京都)
英語表記NOHGA HOTEL KIYOMIZU KYOTO
所在地京都市東山区五条橋東4丁目452番
用途宿泊施設
敷地面積2,514.08㎡
建築面積1,865.24㎡
延床面積9,522.02㎡
容積対象外210.37㎡
構造鉄骨造
階数地上6階・地下1階
客室数207室
高さ17.97m
建築主野村不動産・伊藤忠商事・伊藤忠都市開発
設計ノム建築設計室
着工予定2019年9月1日
竣工予定2022年1月31日
開業予定2022年4月1日

「ノーガホテル清水京都」の延床面積は9,522.02㎡で、本町の物件も延床面積は約12,000㎡は可能と予想されるので、規模的には「ノーガホテル」でもおかしくはない。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました