ニュース 話題 ホテル 大阪市/大阪府

【 2020年3月16日開業 】ザ ロイヤルパークホテル アイコニック大阪御堂筋 (352室)【オービック御堂筋ビル 高さ約116m】

2019年9月撮影

独立系システムインテグレーターの「オービック」(東京)は大阪市中央区の御堂筋沿いに「オービック御堂筋ビル」(高さ約116m 25階建)を建設しており、2020年1月に竣工する予定。

高層階(15階~25階)には、三菱地所系の「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック大阪御堂筋(352室)」が2020年3月16日に開業する。

3階~13階はオフイス、2階には多目的ホールや貸会議室を設置する。14階は設備室。

 

御堂筋側エントランス

 

1階には、カフェなど6店舗が入居する

 

北東低層階

「オービック御堂筋ビル」のサインボードが設置されている。

 

完成予想図

 

南西から撮影

 

ザ ロイヤルパークホテル アイコニック大阪御堂筋

「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック(ICONIC)」は、プレミアム宿泊主体型ホテル「THEシリーズ」のフラッグシップホテルブランドで、「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋」が初出店となる。

ホテル客室面積はツイン(25平米)で、一般的なビジネスホテルよりも広く、ロイヤルパークホテルの旗艦店(フラッグシップ店)にふさわしい設備となる。

また、24階と25階はエグゼクティブフロアで、25階(最上階)に宿泊者専用のエグゼクティブラウンジを設置する。

15階 ホテルロビー

 

ロイヤルパークホテルズのホテルブランド

ホテルブランド 内容
ロイヤルパークホテル フルサービス型
ザ ロイヤルパークホテル アイコニック プレミアム宿泊主体型
ザ ロイヤルパークホテル 宿泊主体型
ザ ロイヤルパーク キャンバス 宿泊主体型

 

南西低層階の様子

 

南側低層階の様子

 

西側低層階の様子

 

御堂筋の東面の最上階付近には「サインボード」が設置されるようだ。

このログマークは、ロイヤルパークホテルズが2011年に新たに開発した「THEシリーズ」の「THE」と思われる。

 

スポンサーリンク


オービック御堂筋ビル 物件概要

名称 オービック御堂筋ビル
住所 大阪市中央区平野町四丁目
用途 事務所・ホテル・ホール(集会場)
敷地面積 3,924.19平米
建築面積 3,108.97平米
延床面積 55,526.73平米
容積率対象面積 48,914.63平米
階数 地上25階・地下2階・塔屋2階
高さ 116.35m
客室数 352室
ホテル面積 15,523.61平米
ホテルフロア 15階~25階
構造 鉄骨造・ 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
事業主 オービック
設計・施工 鹿島建設
着工 2017年5月1日
竣工 2020年1月31日

現地立面図を撮影

 

配置図

 

東面の様子(2019年2月撮影)

「オービック御堂筋ビル」のサインボードが設置されている。

BIM

施工を担当する「鹿島」は、建物の3Dモデルとデータベースを融合させたシステム「BIM」を導入している。

従来は、建物が竣工前に、機械式駐車場装置を納まり具合を調整していたが、BIMにより設計・施工段階でそれらを確認できるようになった。

さらにVR技術を活用し、建設現場で配管の位置などを確認でき、現場加工により発生するゴミが少なくクリーンな建設現場となっている。

引用 鹿島建設

https://www.kajima.co.jp/news/digest/may_2019/feature/03/index.html

アクセス

大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋駅」と「本町駅」の中間で、ガスビルの南側。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, ホテル, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!