ニュース 話題 大阪市/大阪府

【2018年9月竣工予定】「なんば」に建設される某ビルの入居率は?

2018/08/18

ネットで検索した結果から記事を書いています。100%の情報の正確性は保証できません。

今年、「なんばエリア」に完成する話題の某ビルは、大きく分けて「商業フロア(低層階)」と「オフィスフロア(高層階階)」がある。

 

このうち、商業フロア(低層階)はテナントの発表もあり好調と見られる。

しかし、オフィスフロア(高層階)については、大企業が移転するという情報は少ない。

もちろん公表されてないだけかもしれない。

 

報道では開業時の入居率(成約率)は70%~80%と予想されているが、そうなるのか?

ネットで「(某ビル名)+ 空室」と検索すると、不動産情報サイトでは2018年6月6日時点、フロアがほとんど「空室」となっている。

システム上、建設中の物件は「空室」となっているのかもしれないし、2018年8月現在では成約しているのかもしれない。

大阪のオフィスビルの空室率は1.9%と報道されているが、梅田・淀屋橋・本町エリアは人気だが、なんばエリアはオフィス需要が少ないのかもしれない。

「なんば」は訪日外国人が多いが、それがビジネスに結びついていないのかもしれない。観光だけでなくビジネスへ波及させないと、もう一段の成長はない。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!