大阪市/大阪府

旧三和銀行本店ビル、高さ100m超高層ビルに建替え【御堂筋】

2018/01/12

旧三和銀行本店ビル、その後の「三菱東京UFJ銀行大阪ビル」が高さ100mの超高層ビルに建て替えられる。すでに着工しており2018年春にも竣工する。

スポンサーリンク


「三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館+別館」物件概要

名称 三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館 三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館
住所  大阪市中央区伏見町3-5  大阪市中央区伏見町3-4
用途  オフィスビル  オフィスビル
敷地面積  3,178平米  2,306平米
建築面積  2,353平米  1,593平米
延床面積  4万8855平米  2万9689平米
容積率  1,332%  1,096%
高さ  104.5m  93.99m
階数  地上21階/地下3階  18階/地下3階
構造  鉄骨造(S造)、一部SRC造  鉄骨造(S造)、一部SRC造
建築主  三菱東京UFJ銀行  三菱東京UFJ銀行
設計  三菱地所設計・東畑建築事務所  三菱地所設計・東畑建築事務所
施工  大林組・錢高組・大末建設  大林組・錢高組・大末建設
着工  2015年5月  2015年7月
竣工  2018年3月  2018年3月

御堂筋に面する「本館」は4mセットバック(後退)して建築される。また1階にはカフェやギャラリーを設置する予定で、地下鉄「淀屋橋駅」と地下で直結する。

三菱東京UFJ銀行は周辺のビルに分散している事務所を新ビル「本館+別館」に集約する。

 

規制緩和

御堂筋(淀屋橋~本町)ではビルの高さを60m(セットバック無しは50m)に制限していたが、2013年に規制緩和され100m超のビルも建設できるようになった。

ただし、伊丹空港の影響で航空法の規制により200mが上限となる。

この規制緩和により、今後も御堂筋沿いのビルの建替えが進むと思われる。

 

御堂筋の水平ライン(スカイライン)

昭和30年~昭和40年にかけ、御堂筋には当時の建築基準法の「百尺(31m)」高さ制限により、水平線(スカイライン)が形成された。

その後、御堂筋に面するビルの前面の高さは50mまで緩和され、50mの水平ライン(スカイライン)とその上部の基壇(上限200m)を形成するようになる。

ただし、10mセットバックした場合はビル前面の高さは60mまで緩和される。

 

地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」直結


地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」の南側出口から地下で直接、アクセスできるようになる。

関連コンテンツ



-大阪市/大阪府

error: Content is protected !!