京都東山シックスセンシズ(SIX SENSES)81室【インターコンチネンタル系】が2024年12月竣工 日本初進出【旧ホテル東山閣】

プレジデンシャルスイート(リビングルーム)

サムティ(大阪市)は、ウェルス・マネジメント株式会社が推進中のホテル開発プロジェクト「シックスセンシズ京都プロジェクト」に匿名組合出資総額の38.5%の出資を行った。

京都東山シックスセンシズ(SIX SENSES)の規模は、地上4階建・敷地面積約4,850㎡・客室数は81室で2024年12月に竣工する予定。

設計・施工は清水建設、インテリアデザインは外資系のBLINK が担当する。

場所は「旧ホテル東山閣跡地」で、周辺には、フォーシーズンズホテル京都(123室)が2016年10月に開業している。

客室面積は42㎡~231㎡とラグジュアリークラスの最高峰に位置づけされるホテルとなる。

ロビー

 

京都東山シックスセンシズ(SIX SENSES) 概要

施設名京都東山シックスセンシズ(SIX SENSES)
英語表記KYOTO Higashiyama SIX SENSES
所在地京都市東山区馬町通妙法院北門前妙法院前側町431
敷地面積4,857.76㎡
構造鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
階数地上4階・地下2階
客室数81室
設計・施工清水建設
インテリアデザインBLINK(外資系)
着工予定2021年10月
竣工予定2024年12月
アクセスJR京都駅からタクシー7分 / 京阪「七条駅」徒歩10分
地図

スキーム

ウェルス・マネジメント(東京)とキーストーン・パートナースはすでに「ホテル東山閣」の全株式と運営権を取得している。

ウェルス・マネジメント(東京)の連結子会社「ホテルWマネジメント」とIHGがホテル運営の業務委託契約を締結して運営する。

今後、「旧ホテル東山閣」を解体し、跡地に日本初進出となる「SIX SENSES HOTELS RESORT SPAS」を新築することになる。

引用 ウェルス・マネジメントPDF

合同会社「みょうほう」(東京)は、京都市東山区にインターコンチネンタル・ホテル・グループの高級ホテルブランド「SIX SENSES HOTELS RESORTS SPAS(シックスセンシズ ホテル リゾート スパ)」を建設する。2020年5月に京都市にホテル開発を届け出ている。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました