ニュース 話題 ホテル 大阪市/大阪府

関電不動産開発、梅田・曽根崎に253室ホテル建設、2020年7月開業予定


関電不動産開発が所有してる「新宇治電ビル」(大阪市北区曽根埼)を解体し、地上17階建・延床面積約8,666平米・253室のホテルを建設する。

竣工後は関電アメニックスがホテル運営を行う。2018年9月下旬に着工し、2020年7月開業予定。

スポンサーリンク


(仮称)曽根崎1丁目地点新築工事 概要

名称 (仮称)曽根崎1丁目地点新築工事
所在地 大阪市北区曽根崎1丁目
用途 ホテル
敷地面積 986.42平米
建築面積 791.01平米
延床面積 8,666.31平米
容積率対象延床面積 7,881.16平米
高さ 65.28m
構造 鉄骨造(柱の一部CFT造)
階数 地上17階・塔屋1階
客室数 253室
建築主 関電不動産開発
設計 鹿島建設
施工 鹿島建設
着工予定 2018年9月21日
竣工予定 2020年4月30日

立面図

 

配置図

 

前面の歩道

 

東側のビルは「NTT西日本曽根崎ビル」

 

東側の「NTT西日本曽根崎ビル」は閉鎖されている様子

スポンサーリンク



アクセス

コメント

関電不動産開発を関西圏でホテル建設を進めており、本物件で6件目となる。

  • 新宇治電ビル跡地ホテル(本件物件)
  • ドーミーインPREMIUM大阪北浜
  • (仮称)堂島浜プロジェクト(パレスホテル運営)
  • 中之島プラザ
  • グランバッハ京都
  • エルイン京都

 

(旧)新宇治電ビル 物件概要

  • 所在地 大阪市北区曽根崎1-2-6
  • 竣工 1965年
  • 基準階面積 約700平米

関連コンテンツ



-ニュース 話題, ホテル, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!