ニュース 話題 大阪市/大阪府 曽根崎再開発

【曽根崎】延床面積3万4000平米の超高層複合ビル計画?【2022年開業目標】

2018/02/24

曽根崎再開発予定地(当ブログの予想)

左端の白い19階のビルは梅田OSホテル、右下に「お初天神」が見える。

ワイズホールディングスが、大阪市北区曽根崎において、ホテルを中核とした高層複合ビルを計画していることがわかった。延べ床面積3万4000m2超の規模で、2022年ごろの開業を目指す。

引用 日経不動産マーケット http://tech.nikkeibp.co.jp/kn/atcl/nfmnews/15/021503689/?n_cid=nbpnfm_twbn

場所は住友不動産の「梅田曽根崎計画」56階建193mの超高層複合ビルの南で、建設中の「K'sスクエアビル」の東側、現在駐車場となっている当たりと思われる。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府, 曽根崎再開発

error: Content is protected !!