2020年3月の記事【令和3人組】菅官房長官(当時)、和泉首相補佐官、大坪厚生労働省審議官が次期政権を狙う??

新型コロナウイルス肺炎のPCR検査数が少ないことから、いろいろ調べると「菅官房長官」が安倍首相の次の首相(ポスト安倍)の座を狙っていることと関係があると思うようになった。

首相になるには、自民党内で多数派工作をしないといけない。菅官房長官は自民党内でどの派閥にも属していない「無派閥」なので子飼いの議員がいない。

そこで、各省庁の族議員を切り崩す工作をしているのではないか?その駒が「和泉首相補佐官(国土交通省技官)」と「大坪厚生労働省審議官」ではないか?

この駒であるはずの「和泉首相補佐官(国土交通省技官)」と「大坪厚生労働省審議官」がバーターとして、自分たちの省益を国益より優先するようことをしても、菅官房長官(当時)が黙認しているのではないか?

 

IRスケジュールの延期

政府は2019年8月に「IR基本方針を策定」する予定だったが、2019年秋に先送りされた。当時の所管大臣は世耕弘成経済産業大臣(大阪市生まれ・和歌山選挙区)で、大阪府市が先行するIRのスケジュールを延期するメリットはない。

したがって、IRスケジュールを延期させたのは経産大臣よりも格上の人物、つまり、安倍首相か菅官房長官しかない。

その後、経済産業大臣には菅氏に近い菅原一秀氏が就任し、菅氏の地盤である横浜市がIR誘致に名乗りを上げたことから、黒幕は菅氏だったと思われる。

 

省庁を支配する菅人脈

省庁菅人脈
経済産業省菅原一秀前大臣
国土交通省和泉首相補佐官
厚生労働省大坪厚生労働省審議官
環境省小泉進次郎大臣
法務省河井克行前大臣

自民党の既存派閥ですら入閣者が0人~3人なのに、無派閥の菅氏に近い議員が3人も入閣するのは菅氏の権力が派閥会長並みに強いことを意味する。

しかし、菅原一秀前大臣と河井克行前大臣は辞任しており、菅氏の影響力は低下していると見る向きもある。

 

菅官房長官とは?

本名菅義偉
生年月日1948年12月6日(71歳)
出生地秋田県
高校卒業後、上京、板橋区の段ボール工場で働く
1973年法政大学二部某学部卒業
1973年建電設備会社入社
1975年自民党衆議院議員秘書
1987年横浜市議会議員当選
1996年衆議院神奈川2区から初当選
2006年第1次安倍内閣で総務大臣就任
2012年官房長官就任
2020年首相就任

 

派閥工作

派閥衆議院議員岸田支持菅支持
細田派(安倍氏)61人61人
麻生派42人30人12人
二階派35人35人
竹下派34人
岸田派34人34人
石破派17人17人
石原派11人
無派閥50人6人(令和の会)
合計284人125人70人

菅氏は無派閥だが、2019年6月20日に衆参両議院13名(出席は10名)の「令和の会」を立ち上げた。

菅氏は二階派に近く、場合によれば支援を得られる。また政界を引退したものの今でも影響力のある古賀氏にも親しく「岸田派」の一部を切り崩す考えがあるようだ。

さらに菅氏が竹下派34人と石原派17人の合計51名を取り込めば、自民党総裁選挙で勝つ可能性は十分にある。

 

ライバルは岸田氏

安倍首相は次期首相に岸田氏を推すと見られる。そのため、安倍首相在任中は目立った動きをしていないが、細田派、岸田派、麻生派の支持を受けポスト安倍の最有力候補となっている。

 

小泉進次郎氏の官邸での結婚発表

小泉進次郎氏が滝川クリステルさんとの結婚を首相官邸で発表した。菅氏にあいさつに行くという理由だったが、71歳と高齢の菅氏が首相になる場合、若い小泉氏を内閣の顔にするつもりだったのではないか?

そのために2019年9月の内閣改造で入閣させる必要があったと思われる

 

コメント

菅氏は新型コロナウイルス肺炎対策の長であるが、この非常事態にもかかわらず厚生労働省の省益を優先して、厚生労働省の属議員の支持を取り付け「ポスト安倍」の動きにつなげようとしているのではないか?

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました