(香川県高松市ウォーターフロント)外資系最高級ホテル(約100室・客室面積50㎡以上)2025年9月開業目標(サンポート高松・B2街区)

出典 香川県

香川県高松市のウォーターフロント「サンポート高松」の(B2街区)に、四国電力が外資系最高級ホテルを2025年9月頃に開業する。

建物の規模は、地上19階建・客室数100室(客室面積50㎡以上)で、香川県がサンポート高松の活性化のための事業案を募集し、四国電力が応募したもの。

今後、香川県が県有地を四国電力に売却する予定。

四国電力がホテル事業に参入するのは、本物件が最初となる。

アクセスはJR高松駅からすぐ

名称サンポート高松(仮称)外資系ホテル計画
所在地香川県高松市
敷地面積5,000㎡
延床面積21,700㎡
階数地上19階
客室数100室
客室面積50㎡以上
付帯施設ラウンジ・レストラン・バー・バンケット・会議室・スパ・フィットネス
事業者四国電力
開業2025年9月

 

出典 香川県

サンポート高松は、香川県高松市の高松港頭地区の愛称で、かつて本州へ渡るJRの連絡船とホーバークラフトが出入りしていた高松港の西半分を埋め立てて再開発した。

サンポートの「サン」は、太陽の”Sun”と讃岐の「讃」を意味し、現在では高松市の町名の一つとなっている。

引用Wiki。

エントランス(出典 香川県)

客室(出典 香川県)

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました