ニュース 話題 大阪市/大阪府 梅田3丁目計画(中央郵便局)

【旧大阪中央郵便局】梅田3丁目計画 8年ぶりに再始動【大阪市北区】

出典 大阪市

日本郵政はJR大阪駅西側の「旧大阪中央郵便局」の再開発に向け、大阪市と8年ぶりに協議を開始した。

開業は2023年度の予定で、2024年夏の「うめきた2期街開き」より前に、テナントを誘致する戦略。

引用 日経新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37919470Z11C18A1AM1000/

 

梅田3丁目計画とは、「旧大阪中央郵便局」と隣接していたJR西日本グループ所有の「旧大弘ビル」「アクティ西ビル」の跡地に超高層複合ビルを建設する再開発計画。

旧東京中央郵便局ビルの建替え工事が歴史的建造物保存のため中断したこと、またリーマンショックの影響で、「旧大阪中央郵便局の建替事業」も2010年から事業が凍結されていた。

スポンサーリンク


梅田3丁目計画の予定地


出典 大阪市

旧大阪中央郵便局跡地

 

梅田3丁目計画 物件概要

名称 梅田3丁目計画(仮称)
住所 大阪市北区梅田3丁目
用途 オフィス、商業施設、郵便局・劇場
敷地面積 約12,900平米
建築面積 約8,900平米
延床面積 約217,000平米
階数 地上40階・地下3階・塔屋2階
高さ 約187m
構造 鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造
事業者 日本郵便株式会社・大阪ターミナルビル
設計・施工 調査中
着工 2019年~2020年(当ブログ予想)
竣工 2023年年度

 

事業計画地図

出典 大阪市

 

用途別断面図

出典 大阪市

用途別フロア構成

用途 床面積
事務所 約135,500平米 地上7階~地上40階
劇場 約10,000平米 地上5階~地上9階
商業施設 約48,000平米 地下2階~地上6階
機械室 地下2階、地上8階

コメント

JR大阪駅に近い東側に中低層部分を建設し、敷地の西側の超高層ビルを建設する。

以前の計画では着工から3年で竣工する予定になっているので、逆算すると2019年~2020年に着工すると予想される。

本格着工の前に、現在「大阪ステーションシティ西梅田駐車場」(約200台)となっている「アクティ西ビル」を解体する必要がある。

その代替駐車場として、JR環状線北側の「大阪シテーションシティ駐車場・駐輪場」(7階建て)既存建物の上に6階分を増築し、「大阪駅新北ビル別棟駐車場」(仮称)とする工事を施工している。

2018年11月撮影

この「大阪駅新北ビル別棟駐車場」(仮称)の増築工事(増築後 3万5000平米)が竣工しないと、「梅田3丁目計画」の本格着工はできないと思われる。

 

着工後に「郵便局」を移設

出典 大阪市

 

アクセス

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府, 梅田3丁目計画(中央郵便局)

error: Content is protected !!