うめきた2期北街区賃貸棟(26階・高さ124m・延床面積6.5万㎡)キャノピーby ヒルトン大阪梅田ヒルトンとオフィス 2024年4月竣工(JR大阪駅北再開発)

「うめきた2期」出典 umekita2.jp

「うめきた2期(17ha)」はJR大阪駅北側の旧貨物駅跡地の再開発計画で、「南街区」「北街区」「都市公園」「西口広場」の4つのエリアに分かれる。

「北街区」は「北街区賃貸棟」と「北街区分譲棟」の2棟で構成され、「北街区賃貸棟」の規模は地上27階・高さ約142m・延床面積6.5万㎡で2024年4月に竣工する予定。

この「北街区賃貸棟」には「キャノピーby ヒルトン大阪梅田ヒルトン(308室)」が入居する予定で、客室面積は32㎡を中心とするライフスタイルホテルとなる。

変更前(出典 三菱地所)

2022年1月(左:賃貸棟 / 右:分譲棟)

2022年1月

2022年1月(賃貸棟の鉄骨の組立が始まっている)

2022年1月

 

「キャノピーby ヒルトン大阪梅田ヒルトン」がJR大阪駅北側の再開発エリア「うめきた2期・北街区」に2024上半期に開業する。

ホテルの規模は308室・延床面積20,220㎡で客室面積は32㎡を中心とする。

付帯施設として、キャノピー・セントラル、カフェ、会議室、トランスファー・ラウンジ、フィットネス等を設置する。

うめきた2期「北街区賃貸棟」(26階・高さ124m・延床面積6.5万㎡・2024年4月竣工)の10階~25階に入居する。

「キャノピーbyヒルトン(canopy by hilton)」は、2014年にヒルトンが立ち上げたライフスタイルホテル。

キャノピーby ヒルトン大阪梅田 概要

施設名キャノピーby ヒルトン大阪梅田
英語表記Canopy by hilton osaka umeda
所在地大阪市北区大深町
客室数308室
延床面積(ホテル部分)20,220㎡
付帯施設キャノピー・セントラル、カフェ、会議室、トランスファー・ラウンジ、フィットネス等
開業2024年上半期

「うめきた2期」は、JR大阪駅の旧梅田貨物駅跡地の再開発地区で面積は約17ha、北街区と南街区の2エリアに分かれ、オフィス、ホテル、マンションなど合計延床面積57万㎡の建設が進んでおり、2024年に街開きし2028年に全面開業する予定。

 

うめきた2期「北街区賃貸棟」の概要

うめきた2期北街区(現地 完成予想図)賃貸棟は左側
名称

(仮称)うめきた2期北街区賃貸棟

所在地大阪市北区大深町1番40、41の一部、1番18の一部
用途オフィス・ホテル・商業施設
敷地面積8,402.88㎡
建築面積5,350.00㎡
延床面積65,421.20㎡(ホテル部分20,220㎡)
容積率対象面積54,618.72㎡
構造鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造・一部鉄骨鉄筋コンリート造)
高さ124.30m
階数地上26階・地下3階
ホテル客室数308室(キャノピーby ヒルトン大阪梅田ヒルトン)
建築主積水ハウス・大阪ガス都市開発・オリックス不動産・関電不動産開発・竹中工務店・阪急電鉄・三菱地所レジデンス・うめきた開発特定目的会社
設計日建設計
着工2021年2月中旬
竣工2024年4月下旬

建築計画のお知らせ

西立面図

配置図

2021年10月(賃貸棟)

2021年10月

フロア内容
10F~25Fキャノピーby ヒルトン大阪梅田ヒルトン(308室)
3F~9F中核機能(オフィス)
1F・2F商業施設

 

うめきた2期 物件概要

「うめきた2期」三菱地所案(出典 UR都市機構)

うめきた全体概要

開発面積延床面積棟数最高高さホテル分譲マンション
うめきた1期(グランフロント大阪)7ha57万㎡4棟180m1ホテル1棟
うめきた2期17ha55万㎡5棟185m3ホテル2棟
うめきた全体24ha112万㎡9棟185m4ホテル3棟

(うめきた2期の開発面積は17haだが、地区面積は91,150㎡で都市公園面積は45,000㎡)

 

うめきた2期概要

街区等延床面積用途階数
北街区約13.8万㎡賃貸棟約6.5万㎡キャノピーby ヒルトン大阪梅田ヒルトン10F~25F
中核機能3F~9F
商業施設1F・2F
分譲棟約7.3万㎡分譲住宅(482戸)46F
南街区約41.3万㎡賃貸棟(西棟)ウォルドーフ・アストリア大阪2F・28F~38F
オフィス6F~27F
MICE施設4F
商業施設B1~3F
賃貸棟(東棟)アップスケールホテル5F~27F
オフィス5F~17F
都市型スパ3F・4F
商業施設B1~2F
分譲棟分譲住宅(600戸)51F
都市公園約4.5万㎡(敷地面積)
西口広場
  • うめきた2期は4つの街区で構成され、そのうち「北街区」と「南街区」に超高層ビルが建設される。
  • JR大阪駅に近い「南街区」の延床面積は約41.3万㎡、「北街区」の延床面積は約13.8万㎡で、合計延床面積は約55.1万㎡となる。

これらのビル群に5つ星ホテル(250室)、アップスケールホテル(483室)、キャノピーby ヒルトン大阪梅田ヒルトン(308室)、オフィス、商業施設、MICE施設、分譲住宅(600戸と482戸)が入居する。

また、都市公園の敷地面積は約4.5万㎡で、その他の緑地を合計すると約8haとなる。

 

進出予定・検討ホテル

街区ホテル名ホテルクラス客室数施設延床面積
南街区賃貸棟(西棟)ウォルドーフ・アストリア大阪スーパーラグジュアリー(5つ星)250室33,515.67㎡
南街区賃貸棟(東棟)アップスケールホテル483室20,894.39㎡
北街区賃貸棟キャノピーby ヒルトン大阪梅田ヒルトンライフスタイルホテル308室20,220㎡
  • 阪急阪神HD系高級ホテルも入居する予定
開発スケジュール

2018年7月12日開発事業者は、三菱地所などに決定
2020年4月大阪市都市計画金議会で「都市計画」が承認
2020年12月着工賃貸棟着工(南街区・北街区)
2022年度分譲棟着工(南街区・北街区)
2023年春JR大阪駅(地下駅)開業
2023年春以降うめきた2期地区の地上線路の撤去(工期1年)
2024年うめきた2期街開き(賃貸棟竣工・都市公園の一部供用)
2026年度都市公園施設竣工
2028年3月うめきた2期全体が開業

 

「うめきた2期」開発事業者

三菱地所
オリックス不動産
阪急電鉄
大阪ガス都市開発
竹中工務店
関電不動産開発
積水ハウス
三菱地所レジデンス
うめきた開発特定目的会社
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました