ニュース 話題 ホテル 大阪市/大阪府

【2019年11月竣工 】(仮称)ヨドバシ梅田タワー「ホテル阪急レスパイア大阪」【35階 高さ150m 】

2019/05/30

出典 阪急阪神ホテルズ

ヨドバシホールディングス(東京)は、大阪駅北側に高さ約150mの超高層ビル「ヨドバシ梅田タワー(仮称)」を建設しており、2019年11月の竣工を目指す。

また、阪急阪神ホテルズは、宿泊主体ホテル「ホテル阪急レスパイア大阪(Hotel Hankyu RESPIRE OSAKA)」(1,032室) を2019年11月に開業する。

 

2019年4月北東を撮影

 

2019年4月 北面を撮影

 

2019年4月南面を撮影

 

南面の最高部の様子

 スポンサーリンク


ホテル阪急レスパイア大阪 概要

客室タイプ(面積19平米~60平米) 客室数
ダブル 414室
ツイン 399室
トリプル 171室
フォース 48室
合計 1,032室(予定)
  • 宴会場1室
  • レストラン1店舗
  • フィットネス(宿泊者無料)
  • 9階はホテルフロント・ロビー
  • 12階~35階は客室
  • 10階と11階は、機械室の可能性があるが、詳しくは調査中
  • 客室単価は15,000円~20,000円

訪日外国人や国内観光客、出張客の利用を想定し、宿泊主体ホテルとなる。

客室の面積は19平米~60平米で、すべて2名以上対応となり、全室禁煙となる。

 


ホテルのフロント・ロビーの様子(9階)

 

9階のロビーから、日本庭園が見える

 

客室例(カラースキーム梅)

 

客室例(カラースキーム田園)

 

客室例(カラースキーム大阪城)

スポンサーリンク


ペデストリアンデッキ

JR大阪駅、グラントフロント大阪とは2F歩行者デッキ(ペデストリアンデッキ)で連結される。

この2F歩行者デッキは、現在の「ヨドバシ梅田」と「ヨドバシ梅田タワー」の周囲を囲むように建設される。

新阪急ホテル側にもペデストリアンデッキを設置し、阪急梅田駅(茶屋町口)からも2Fレベルでアクセスできるようになる。

スポンサーリンク



ヨドバシ梅田タワー(仮称)物件概要

名称 (仮称)ヨドバシ梅田タワー
所在地 大阪市北区大深町4番8
用途 百貨店・飲食店・ホテル・駐車場
敷地面積 17,256.22平米
建築面積 6,708.64平米
延床面積 111,527.16平米
容積率対象面積 92,287.68平米
高さ 約149.90m
階数 地上35階・地下4階・塔屋2階
構造 鉄骨造・一部SRC・一部RC
客室数 1,032室
建築主 ヨドバシホールディングス
設計者 五洋建設
施工 五洋建設
着工 2017年8月8日
竣工予定 2019年11月

現地配置図

フロア構成

出典 国土交通省

フロア構成

フロア 用途 延床面積
地上9階~地上35階 ホテル 約41,500平米
地下1階~地上8階 商業施設 約48,500平米
地下4階~地下2階 駐車場 約15,100平米

地下1階~地上8階は商業施設となり、地下4階~地下2階の3フロアーは駐車場となる。

タワー北側地上1階には観光バス用の発着スペースを整備し、1階と2階にホテルフロントを設置する予定。

アクセス

関連コンテンツ



-ニュース 話題, ホテル, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!