ホテルコンド VIVOVIVA 石垣島(98室)ホテルコンド(京阪電鉄不動産・セキスイハイム東海)2024年2月引渡

京阪電鉄不動産とセキスイハイム東海は、沖縄県石垣島に「ホテルコンド VIVOVIVA 石垣島」を開発しており、2024年2月下旬に引渡し予定。

建物の規模は、敷地面積約14,700㎡・A棟(地上2階)・B棟(地上3階)・C棟(地上2階)の合計98室で、設計は浅井謙建築研究所、施工は仲本工業が担当する。

場所は、石垣島の南部で竹富島の対岸、石垣空港から約18.4km(車で28分)。

 

ホテルコンドとは、ホテルの1室を分譲し、購入者(オーナー)は自分で利用することもでき、利用しない時は、ホテル客室として一般客が宿泊するシステム。

一般客の宿泊料を購入者(オーナー)とホテル運営で分配することにより、リゾート別荘として利用しながらホテル客室としての収益も得られる。

地図

 

ホテルコンド VIVOVIVA 石垣島 物件概要

名称ホテルコンド VIVOVIVA 石垣島
所在地沖縄県石垣市新川舟蔵2485番3ほか18筆
敷地面積14,656.72㎡
客室数98室(A棟・B棟・C棟)
構造鉄筋コンクリート造
階数A棟(地上2階)、B棟(地上3階)、C棟(地上2階)
売主
  • 京阪電鉄不動産株式会社
  • セキスイハイム東海株式会社
引き渡し2024年2月下旬
設計・監理浅井謙建築研究所株式会社
施工株式会社仲本工業
アクセス石垣空港より車約28分(約18.4km)
駐車場59台(使用料:無料)
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました