【2020年3月14日】近鉄 新型名阪特急「ひのとり」デビュー【80000系】

近鉄は、2020年3月14日(土)から新型名阪特急「ひのとり」の営業運転を開始する。

「プレミアム車両」と「レギュラー車両」の2種類あるが、全席に「バックシェル」を設置し、後席に気兼ねなくリクライニグできる。

「ひのとり」の乗車には「運賃」+「特急料金」に追加して「特別車両料金」が必要となる。


 

乗車料金(大阪難波~名古屋)片道

プレミアム車両レギュラー車両
合計金額5,240円4,540円
(運賃)2,410円2,410円
(特別急行料金)1,930円1,930円
(特別車両料金)900円200円

運賃は消費税引き上げ後のもの

 

現在の名阪特急「アーバンライナー」の所要時間は最速2時間9分(大阪難波~名古屋)で、1時間に2本で運行している。

 

新型名阪特急「ひのとり」概要

車両名称ひのとり
車両型式80000系
運行開始日2020年3月14日(土)
運航区間大阪難波~近鉄名古屋
製造両数全72両(6両編成 × 8編成 + 8両編成 × 3編成)
編成定員239人(6両編成)・327人(8両編成)
運賃プレミアム 5,240円
レギュラー 4,540円
  • 2020年3月14日(土)の運行開始時点は、6両編成 ×3編成で運行
  • 2020年度中に全11編成(全72両)を導入し、大阪難波駅、近鉄名古屋駅 毎時0分発ほか、停車駅の少ない名阪特急をすべて「ひのとり」で運行する。

ロゴマーク

ダイヤ(2020年3月14日~)

 

「プレミアムシート」と「レギュラーシート」概要

プレミアムレギュラー
座席間隔130cm(アーバンライナー105cm)116cm
車両位置両先頭車両(2両)中間車両(4両または6両)
座席配置横3列(2席+1席)横2列(2席+2席)
車両定員21人52人(4号車のみ41人)
バックシェル
運賃(大阪難波~名古屋)5,240円4,540円

プレミアムシート

  • 電動リクライニング
  • 横揺れを低減する電動式フルアクティブサスペンション
  • 後席に気兼ねなくリクライングできる「バックシェル」
  • ヒーター

 

 

レギュラーシート

  • 後席に気兼ねなくリクライングできる「バックシェル」
  • 大型テーブル

error:Content is protected !!