大阪市/大阪府

京橋駅、天満橋駅、OBP駅、都市再生緊急整備地域指定

2017/08/24

都市再生緊急整備地域とは

「都市再生緊急整備地域」とは、市の再生の拠点として、都市開発事業等を通じて、緊急かつ重点的に市街地の整備を推進すべき地域。

大阪府下では12地域が指定されているが、2017年8月2日に京橋駅周辺が範囲拡大され指定された。

現在、大阪では梅田(大阪駅)、難波、天王寺が3大ターミナルとなっている。今回の再開発計画で、京橋をそれらに次ぐターミナル・拠点として整備すると思われる。

京橋駅周辺にはJR環状線京橋駅、JR東西線京橋駅、京阪京橋駅、地下鉄京橋駅があり、それらの駅間やOBPを立体的な歩行者空間で整備する。

スポンサーリンク


 

都市再生緊急整備地域のメリット

  • 道路上空利用の規制緩和
  •  事業認可手続期間の短縮
  •  金融支援

大阪府内の都市再生緊急整備地域

  •  大阪駅・中之島・御堂筋 490ha
  •  難波・湊町       36ha
  •  阿倍野         21ha
  •  大阪コスモスクエア   154ha
  •  京橋駅、OBP駅、天満駅 68ha(2017年8月2日範囲拡大)
  •  堺鳳駅         70ha
  •  堺臨海地域       95ha
  •  堺市駅西        27ha
  •  千里中央駅       15ha
  •  高槻駅         34ha
  •  守口大日        80ha
  •  寝屋川萱嶋駅東     48ha

 

今後の再開発

  • 新MID大阪京橋ビル 22階 116m(2017年秋竣工予定)
  • 読売テレビ新社屋 5万平米(2017年着工済、2019年竣工予定)
  • (仮称)京阪京橋駅周辺開発計画
  • (仮称)イオン京橋再開発計画(旧ダイエー京橋)

新MID大阪京橋ビル

 

京橋・京阪モール

京阪京橋駅の商業施設「京阪モール」は2017年3月にリニューアルされ、地下1F、地上1階に京阪百貨店が入居している。

ちょっと言い過ぎかもしれないが、京阪モール内だけ見れば、渋谷ヒカリエのショッピングゾーンくらいの感じになっている。

14年ぶりにリニューアルされたばかりなので、今後10年くらいは、再開発はしないと予想される。

イオン京橋

イオン京橋店は旧ダイエー京橋店で老朽化しているので、再開発する可能性が高い。常識的には駅直結の150m程度の超高層ビル建設と予想されるが、イオンの超高層ビルは聞いたことがないので、現時点ではよくわからない。

全体構想

最近の再開発は回遊性を重視しているので、JR大阪城公園駅からJO-テラス、OBP、京橋駅を連携して再開発する可能性が高い。

スポンサーリンク



-大阪市/大阪府

error: Content is protected !!