ニュース 話題 交通 大阪市/大阪府

【那覇空港】MRO JAPAN(ANA整備会社)2019年1月7日 稼働【伊丹空港から移転】

出典 沖縄振興開発金融公庫

MRO Japanは、ANAのグループ企業として、伊丹空港の大阪事務所でANAグループの機材を中心に航空機整備・塗装事業を行ってきた。

2018年11月8日に、沖縄県が建設を進めてきた那覇空港内の格納庫が完成したため、伊丹空港の「MRO Japan大阪事務所」を那覇空港に移転し、2019年1月7日に航空機整備を開始した。

那覇空港では、年間100機程度の整備を行う予定で、東南アジアを中心にANA以外のエアラインの機材整備も行う。

 

ANA格納庫(伊丹空港 筆者撮影)

 

出典 MRO JAPAN

伊丹空港にはMRO JAPNAの格納庫が2つある。

今後について公式発表はない。

しかし、一般的には、空港から土地を賃貸して格納庫を建設することが多い。土地が賃貸ならば、今後、解体して土地を返還するのではないか?

スポンサーリンク


MRO JAPAN 会社概要

  • 本社所在地 沖縄県那覇市久茂地1-71
  • 大阪事務所 大阪府豊中市箕輪3-8-1
  • 設立 2015年6月1日
  • 従業員数 270名

 

那覇空港 MRO施設 概要

  • 敷地面積 29,396平米
  • 延床面積 17,784平米
  • 階数 地上3階建
  • 格納庫 2つ(大型ドックと小型ドックが隣接し、大型機1機と小型機3機を収納、または、小型機を3機ずつ収納)

 

出資比率

2018年9月28日 MRO JAPANは、第三者割当増資を実施し、ANAの出資比率は100%から45%となり、ジャムコ25%、三菱重工業20%となる。

 

アクセス

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 交通, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!