香港大手不動産ファンド 大阪OBPの松下IPMビルを買収か?「ガウ・キャピタル・パートナーズ」

日経不動産マーケット情報によると、香港大手不動産ファンド「ガウ・キャピタル・パートナーズ(Gaw Capital Partners)」のファンドが、大阪OBPの85,000㎡のオフィスビルの信託受益権を米投資会社ローンスター(Lone Star Funds)から取得した。

引用・参照 https://xtech.nikkei.com/kn/atcl/nfmnews/15/081707088/

記事にはビル名が記載されていないが、延床面積などから松下IMPビルと思われる。

もしかしたら、香港情勢の悪化から、香港の資金が日本やシンガポールに移動しているのかもしれない。

2018年~2019年にかけ、MCUBSMidCity投資法人が45%と55%の2回に分け合計270億円で信託受益権を売却している。当時は、売却先は非開示だったが、ローンスター(Lone Star Funds)だったかもしれない。

 

松下IMPビル 物件概要
名称松下IMPビル
所在地大阪市中央区城見1丁目3番7号
用途ホテル
敷地面積14,963.66㎡
建築面積8,548.09㎡
延床面積84,547.06㎡
階数地上26階、地下2階、塔屋3階
構造鉄骨造(5階以上)・鉄骨鉄筋コンクリート造(地下1階~5階床)・鉄筋コンクリート造(地下2階)
高さ118.4m
設計日建設計
施工鹿島建設など6社JV
竣工1990年2月3日

地図

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました