大阪湾広域臨海環境整備センター「大阪沖埋立処分場」(大阪湾フェニックス センター)

2022年4月撮影

大阪湾には「尼崎沖埋立処分場」「泉大津沖埋立処分場」「神戸沖埋立処分場」「大阪沖埋立処分場」の4か所の埋立処分場がある。

今回撮影したのは、大阪南港の西側の「大阪沖埋立処分場」で面積は95ha、隣接する大阪市の事業区の面積109haと合計して全体では204haとなる。

さらに2期82haも計画されており、総合計は286haとなる。

出典 大阪湾広域臨海環境整備センター

地図

「大阪沖埋立処分場」(大阪湾フェニックス センター)

名称大阪沖埋立処分場(大阪湾フェニックス センター)
位置大阪港(大阪市此花区北港緑地地先)
事業者大阪湾広域臨海環境整備センター(隣接地の2区は大阪市港湾局)
面積1期204ha(95ha・1区/109ha・2区)

2期82ha

1期と2期の合計286ha

 

2022年4月(南側を拡大)

2022年4月(北側を拡大)

名称所在地面積
夢洲(万博会場予定地)大阪市此花区390ha
舞洲(舞洲アリーナなど)大阪市此花区220ha
大阪沖埋立処分場1期大阪市此花区1期204ha(95ha・1区/109ha・2区)

2期82ha

1期と2期の合計286ha

 

埋立後は港湾整備へ

出典 大阪市

埋立後は、港湾施設として整備される計画。

夢洲(出典 大阪市)

夢洲では、2025年に大阪・関西万博が開催され、2029年にはIR(統合型リゾート)が一部開業する予定。

10年~20年のスパンで考えると、「夢洲」のコンテナターミナルを「新しい埋立地」に移転させた方がいいのではないか?

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました