ピーチとスカイマーク、どっちが売上高が大きいのか?(2023年3月の売上高比較)

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

ANAは2023年3月期のLCC(ピーチアビエーション)の売上高を公表している。

ANAのLCC収入2023年3月実績

2023年3月期 2022年3月期
LCC収入 902億円 378億円
旅客数 777万人 426万人
座席利用率 73.5% 61.6%

 

ちなみに、ANAグループ全体の売上高は、1兆7,000億円、営業利益1,200億円、経常利益1,118億円、当期利益894億円となっている。

国際旅客事業の売上高は4,334億円、国内旅客事業は5,295億円で旅客事業全体では9,629億円になる。

LCC収入(ピーチアビエーション)の売上高はANAグループの旅客事業の約9%を占める。

 

スカイマーク

スカイマークの2023年3月期の売上高は846億円で、ピーチの902億円より少なかった。

ちなみに、営業利益は34億円の黒字、経常利益は約4億円の黒字、当期純利益は約6億円だった。

 

error: Content is protected !!