九州・沖縄

ホテル

ヒューイットリゾート那覇(331室)2021年7月15日、沖縄モノレール「安里駅」徒歩3分

2023年4月撮影「ヒューイットリゾート那覇」は、沖縄県那覇市の沖縄モノレール「安里駅」近くに、2021年7月15日に開業した。建物の規模は、地上13階建・客室数331室で、屋上には市内を一望できるイ筆者撮影
ホテル

ラグジュアリーホテル「Southwest Grand Hotel(88室)」2023年6月20日開業、那覇国際通り近く、パームロイヤル系

2023年4月撮影沖縄県那覇市の「国際通り」近くに、ラグジュアリーホテル「SouthwestGrandHotel」が2023年6月20日に開業する。建物の規模は、地上12階建・延床面積約8,400㎡・筆者撮影
九州・沖縄

DMMかりゆし水族館(沖縄)那覇空港から車20分・5km「イーアス沖縄豊崎」

DMMかりゆし水族館は、那覇空港から車で約20分・5kmの沖縄県豊見城市の商業施設「イーアス沖縄豊崎」内に2020年5月25日に開業した水族館で、デジタル映像を組み合わせることで、新しい空間演出をして筆者撮影
九州・沖縄

カフーナ旭橋A街区(地上11階・延床面積約6.5万㎡)2018年10月開業 沖縄県立図書館・オフィス・商業施設・バスターミナル

カフーナ旭橋は、沖縄都市モノレール「旭橋駅」周辺の再開発地区で、A街区からE街区まであり、統一した建築デザインで、那覇らしい街区を演出している。このうち、カフーナ旭橋A街区の規模は、地上11階・延床面筆者撮影
ホテル

ホテルパームロイヤルNAHA国際通り、2018年に新館28室増築し、合計170室

「ホテルパームロイヤルNAHA国際通り」は、2018年10月に新館RAM(ロイヤルアートミュージアム:写真左側)タワーを増築し、客室数が28室増加し、合計170室となった。新館の客室タイプ新館RAMツ筆者撮影
グルメ

ハイアットリージェンシー那覇 沖縄「桜坂(ランチブッフェ)」平日3,000円

ハイアットリージェンシー那覇沖縄(ロビー)沖縄県のハイアットリージェンシー那覇沖縄の2Fのレストラン「sakurazuka桜坂」のランチブッフェ(3,000円)が人気になっている。平日でもほぼ満席なの筆者撮影
九州・沖縄

海の見えるスタバ「イーアス沖縄豊崎店」那覇空港からバス30分・300円

スターバックス「イーアス沖縄豊崎店」店内からも海が見えるイーアス沖縄豊崎は、沖縄県豊見城市に2020年オープンした商業施設で、規模は延床面積約13万5000㎡、敷地面積7万1499㎡、店舗面積約4万7筆者撮影
ホテル

ホテルアベスト那覇国際通り(108室)モノレール県庁前駅徒歩2分

ホテルアベスト那覇国際通り(2023年3月筆者撮影)名称   ホテルアベスト那覇国際通り所在地  沖縄県那覇市久茂地3丁目1-10客室数  108室客室面積 シングル15㎡(71室)・ツイン20㎡(3筆者撮影
ニュース 話題

キャナルシティ博多「イーストビル」2023年5月閉館、高級賃貸マンションと商業施設に建替(福岡市)

再開発後の俯瞰イメージ(出典福岡地所)福岡地所は、福岡市博多区の複合商業施設キャナルシティ博多「イーストビル」を2023年5月に閉館し、複合施設(仮)新イーストビルに建替える。再開発後の低層部イメージ筆者撮影
ホテル

アパホテル那覇(361室)2007年開業、2023年5月1日から通常営業再開、モノレール県庁前駅から徒歩7分

アパホテル那覇(写真右)アパホテル那覇は、那覇市内の国道58号線沿いに2007年に開業し現在休業中たが、2023年5月1日から通常営業を再開する。ホテルの規模は地上15階建・客室数361室。アクセスは筆者撮影
ホテル

「沖縄・那覇国際通り沿い」ホテルコレクティブ(260室)2020年開業、モノレール県庁前駅徒歩7分

2023年3月撮影台湾の大手セメント会社、嘉新水泥(嘉新セメント)の100%子会社である嘉新琉球COLLECTIVE(那覇市)は、2020年1月6日に、那覇市国際通り沿いに大型シティホテル「ホテルコレ筆者撮影
九州・沖縄

ヴァージン・オービット、資金繰り悪化で事業停止、2023年夏に大分空港からボーイング747で「人工衛星搭載ロケット」を打ち上げ予定

出典大分県ヴァージン・オービット社(アメリカVirginOrbit)は、資金繰り悪化で事業停止した。2023年1月、英イングランド南西部のニューキーで人工衛星の打ち上げを行ったが、軌道に乗らず失敗して筆者撮影
error:Content is protected !!