大阪市/大阪府

阪急三番街リニューアル 2017年4月

阪急梅田駅に直結する商業施設「阪急三番街」が2017年4月にリニューアルされた。

今回のリニューアルで、新規オープンは36店舗で、全体253店舗となる。

阪急三番街は北館と南館に分かれるが、今回のリユーアルでは、エリアごとのコンセプトを統一した。

今後は、北館地下2階をリニューアルし、2018年春に全面オープンする。

このルニューアルに伴い2017年9月1日より、北館地下2階の東西方向の通行ができなくなる。
なお、地下2階の南館と北館の往来や、北館地下2階から地下1階・1階間の通行は可能。

阪急三番街北館1F「Francfranc(フランフラン)」

  • 西日本最大級1,090平米
  • 1階にはリビング用品、ディヒューザー
  • 2階には、インテリア、食器

北館

北館1Fと北館地下1階は、梅田で働くOLさんが仕事帰りに立ち寄れたり、ファミリー層の利用を想定している。

スキンケア、食品、雑貨店舗が多い。

 

南館

南館1階の紀伊國屋横は、「阪急古書のまち」から9店舗が移転し、「うめ茶小路」がてきた。

同じく、南館1階にはレゴブロックを展示する「HANKYU BRICK MUSEUM」ができた。

スポンサーリンク



-大阪市/大阪府

error: Content is protected !!