阪急十三駅「新大阪連絡線・なにわ筋線連絡線」地下ホーム・新駅直上プロジェクト(2040年に完成か?)

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

出典 大阪府pdf

阪急電鉄は、2031年春に「新大阪連絡線・なにわ筋線連絡線」を開業する目標だが、十三駅については「地下ホーム」を想定している。

図を見ると、「神戸線」と「宝塚線」の間の阪急用地内の地下に「十三駅地下ホーム」を設置するようだ。

「新大阪連絡線」は、既存の「阪急宝塚線」または「国道176号線」の地下に敷設するようだ。

さらに、「(十三)新駅直上プロジェクト」の鉄道と並行して検討する。

阪急「十三駅」周辺の3か所の阪急阪神HDグループ所有地(敷地面積約1万㎡)についても再開発する方針。

新大阪駅・阪急十三駅エリアの最終的な完成は2040年頃を目標としているようだ。

 

阪急「新大阪連絡線」「なにわ筋連絡線」の概要

路線図 出典 大阪市(当ブログで一部加筆)

阪急新大阪連絡線・なにわ筋連絡線の建設費

路線 区間 建設費 距離
阪急新大阪連絡線 阪急十三駅~新大阪駅 590億円 2.1km
なにわ筋連絡線 阪急十三駅~JR大阪(地下)駅 870億円 2.5km
2線同時建設 JR大阪(地下)駅~新大阪駅 1,310億円 4.6km
error: Content is protected !!