大阪梅田ツインタワーズ・サウス「阪神百貨店12階屋上庭園」と「オフィスタワー11階ロビー」

大阪梅田ツインタワーズ・サウスは、2022年4月に全館開業した。地上12階には屋上庭園(面積約1,000㎡)が開放されており、阪神百貨店で購入したものを飲食できる。

また、オフィスタワー地上11階のロビーの広さは圧巻。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス

  • 大阪市北区梅田1丁目13番1号
  • 地上38階建・地下3階
  • 高さ     約190m
  • 敷地面積  約12,200m²
  • 延べ面積  約260,000m²
  • 基本設計  日本設計
  • 設計・施工 竹中工務店
  • 竣工    2022年4月

地図

エレベーターは80人乗り

大阪梅田ツインタワーズ・ノースのEVと同じ大きさで、設置当時は国内最大と報道された

 

地上12階の屋上庭園から撮影

地上12階の屋上庭園へは、建物東側(1階では阪神百貨店の建物外)のエレベーターで行ける

北東には、大阪梅田ツインタワーズ・ノース(阪急百貨店)が見える

南側を撮影

 

オフィスタワーのロビー(地上11F)

オフィスタワーの1フロア当たりの貸室面積は約3,500㎡。

ちなみに、現在建設中の「梅田三丁目計画(高さ188m・延床面積約23万㎡)」のオフィス基準階貸室面積は約4,000㎡。

地上12階には、オフィスワーカー専用フロア「WELLCO」があり、お客様との商談スペースやワーカー同士の交流の場となるコワーキングスペースとして利用できる。

11Fのロビー階にはタリーズが開業

11Fには「梅田サウスホール」が開業

11Fカンファレンスゾーン「梅田サウスホール」の面積は4,000㎡で、災害時には、帰宅困難者の一時滞留スペースとしても活用される。

error:Content is protected !!