ニュース 話題 大阪市/大阪府

「落ち無しでやり切る」阪急百貨店のPVとグランフロント大阪のCM

2018/01/22

モデル NOZOMI IIJIMA

阪急百貨店の動画が、すばらしい。

従来の在阪企業の動画って、「最後に落ち」があるパターンが多かった。

しかし、最近の在阪企業の動画・CMは「落ち無しでやり切る」パターンが増加したように思える。


モデル NOZOMI IIJIMA

グランフロン大阪のCMも「落ち無し」でいいと思う。

出演されたNOZOMI IIJIMA(飯島望未)さんは1991年生まれ大阪出身のバレエダンサー。

13歳のときNY「ユース・アメリカ・グランプリ」で3位入賞、15歳で渡米、「ヒューストン・バレエ団」とプロ契約をする。

その後、スイスのチューリッヒ・バレエ団に所属。

 

コメント

吉本新喜劇は好きだし、「お笑い」は評価しているが、なんでも「お笑い」にする必要はない。

「落ち無しでやり切る」パターンもあっていい。

それと、芸術、例えば「バレエ」も大阪から東京に行って海外に行くパターンから、大阪から海外に直接行くようになった。

ビジネスにおいても、東京は3,000万人の商圏でしかない。しかし、アジアの商圏は35億じゃなくて、44億人だ。

したがって、海外へのアクセスルートとして関空を成長させる必要がある。

神戸空港を国際化すれば、折角成長してきた関空国際線を小規模に分割することになり、関西全体の地盤沈下につながる。それは、「お笑い」だ。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!