ニュース 話題 交通

伊丹空港 JALサクララウンジの代替エリア「リフレッシュラウンジ」【2018年7月】

伊丹空港「 JALリフレッシュラウンジ」2018年7月撮影

日本航空は、伊丹空港の「JALダイモンド・プレミアラウンジ」を改修するため、2018年5月22日に「JALサクララウンジ」を「JALダイモンド・プレミアラウンジ」として使用を開始した。

また、「JALサクララウンジ」の代替エリアとして、空港の制限区域内の通路を仕切った「リフレッシュラウンジ」を設置した。それが上の写真です。
スポンサーリンク


こちらは、「JALリフレッシュラウンジ」の近くのだれでも利用できるシート。

ちなみに、「JALダイヤモンド・プレミアラウンジ」の改修は2019年春に終わる予定となっている。

スポンサーリンク


以下は旧「JALサクララウンジ」の情報です


伊丹空港 旧 JALサクララウンジ 【2018年4月】

「伊丹空港 北ターミナル」の保安検査場を通過した制限区域内にJALサクララウンジがあり、エントランスはなかなかの高級感がある。

JALサクララウンジには窓がない。木を多用したインテリアだが、エントランスほどの高級感は感じられない。

ラウンジのコーナーで、この椅子は「JALリフレッシュラウンジ」で使用されているようだ。
スポンサーリンク



コメント

2018年4月の伊丹空港リニューアル後の始めての搭乗となった。モノレール大阪空港駅から「北ターミナル」のJALに行くルートは以前と変化ない。

「中央ブロック」のスロープ

「南ターミナル」のANAに行く場合は、「中央ブロック」のスロープを経由するルートに変更になったが、それほど変化した印象はない。

しかし、出口が中央ブロックに一本化されたので、伊丹空港に到着後は大きく変化した感じがする。

リニューアル後、空港に見学に行ったので見たことあるが、実際に到着して経験すると「綺麗になった」と再認識した。

リニューアル後に初めて伊丹空港に来て「びっくりした人」が多いのも納得した。やっぱり、外から見るのと、実際に中から見るのでは印象が大きく違う。

到着後は、最短距離で「モノレール大阪空港駅」や「バス乗り場」へ行けるので便利だが、その分、空港で「買い物」や「食事」をしたいという気持ちにはならなかった。

到着動線が整理され、綺麗になったが、なぜか「空港に来た」という高揚感がなく、事務的に歩くだけの無機質な空港になった感じがする。

以前の方がよかったとは思わないが、もっと改善余地はあると思う。

到着口からモノレール大阪空港駅に行く途中のエスカレーターは、「上り」と「下り」が1本ずつ設置されている。上りエスカレーターの方は混雑して10人くらいが行列に並んでいた。

羽田~伊丹便は1時間に2便あり、ボーイング777-200なら約400座席あるので、「上り」エスカレーター1本では、混雑するのは当然で、改善できないものか?

タクシーで空港に行くと道路の中にある「島式降車場」に到着する。以前は一般車両が駐車して、タクシーが2重駐車することもあった。しかし、リニューアル後は一般車両は進入禁止になり、タクシー利用者の利便性が向上した。

他の空港ならタクシーを下りてすぐにターミナルビルに入れるのに、伊丹空港は信号のある「横断歩道」を渡る必要がある。その点改善が必要ではないか?

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 交通

error: Content is protected !!