JR西日本 公募増資などで2,507億円調達「三ノ宮駅ビルには当面投資しない?」

JR西日本決算

2021年3月2022年3月(予想)
最終損益(赤字額)-2,332億円(赤字)-815億円~-1,165億円(赤字)
有利子負債1兆5789億円

JR西日本は、新型コロナウイルスの影響で2期連続の最終赤字が見込まれるため、新株を発行(公募増資)して2,507億円を市場から調達した。

今後は、財務基盤の立て直しを図ると思われる。

 

資金使途

項目金額
大阪駅西側エリアの再開発700億円
鉄道のメンテナンス設備と車両600億円
デジタル技術への投資100億円
債務返済1,107億円
合計2,507億円

 

 

大阪駅西側エリアの再開発に700億円を投資するが、JR三ノ宮駅再開発に投資するとは発表されていない。

JR広島駅ビル建替工事の投資額600億円についても今回は言及されていないので、はっきりとは言えないが、JR三ノ宮駅ビルへの投資は先送りされた可能性があると思う。

2022年3月決算も赤字予想なので、2022年内にJR三ノ宮駅ビルへの投資額約400億円を借入するとは思えない。

早くても2023年頃に計画を再始動させ、2024年に神戸市の都市計画決定、2024年秋にJR大阪駅西北ビル(仮称)が稼働した後、2025年頃に着工し、2028年頃に完成するのではないか?

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました