ニュース 話題 交通

東海道支線地下化、JR福島駅付近(南2工区)、単線?踏切撤去されず?

出典 大阪市

JR東海道線支線地下化事業は、現在、うめきた地区の西端の地上を走行している線路をJR大阪駅寄りに変更し、地下化し(仮称)北梅田駅を新設するもので、平成34年度(2023年春)の新駅開業を予定している。
スポンサーリンク



JR福島駅付近(南2工区)では現在線と新線が重なるので、工事が複雑となっている。2019年春に現在の線路を「横移動」させ、「仮線」を設置し、地下化(掘割)工事を進めることになる。

 

出典 大阪市

出典 大阪市

JR福島駅付近の「浄正橋踏切」は現在よりも0.7m~0.3m高さが低下するだけで、地下化されず、「浄正橋踏切」が残ることになる。

大阪市の資料を見ていると、JR福島駅付近では新線も「単線」のようだ。

2031年に「なにわ筋線」が開業すれば、この「浄正橋踏切」は解消され、複線化されると思われる。

結局、JR福島駅付近は、今後「なにわ筋線」の工事が予定されており、2023年~2031年の暫定的な線路なので、地下化や複線化はしないと思われる。

但し、大阪市の図や資料から当ブログで判断しただけで、間違っているかもしれません。

JR大阪駅寄りの「西梅田一番踏切」は撤去される。

現在の「浄正橋踏切」

JR福島駅の東側

出典 大阪市

南1工区では、日本通運ビル(立体駐車場の右)を解体しその下を新線が通る。

コメント

「東海道線支線地下化事業」なので、すべて地下化と複線化されると思っていたが、細かく見るととそうでない部分もあるようだ。

最終的には2031年の「なにわ筋線」開通により、完全に地下化、複線化されると思われる。

なにわ筋線の計画図(出典 大阪市)

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 交通

error: Content is protected !!