ニュース 話題

【関東】神奈川がんセンター「重粒子線治療」が継続危機、構造的問題


「県立がんセンター(横浜市)」は建設費120億円で、2015年に「重粒子線施設」を開設したが、医師が次々に退職し、2018年4月以降の稼働が不安視されていた。

しかし、群馬大学の常勤医師3人の勤務が内定し、2018年4月以降も治療継続されるようである。

関連コンテンツ



-ニュース 話題

error: Content is protected !!