【西日本最大級】万博アリーナ吹田(大阪府)2027年秋ホテルなど開業(1万8000人収容)三菱商事都市、米AEG、関電不動産開発

出典 大阪府

大阪府は2021年5月19日、日本万国博覧会記念公園(万博記念公園)の活性化に向けた取り組みの一環として実施する「万博記念公園駅前周辺地区活性化事業」の事業予定者として、三菱商事都市、米AEG(Anschutz Entertainment Group)、関電不動産開発が構成する企業共同体(JV)を選定したことを発表した。

場所は、2020年2月29日に営業を終了した「ホテル阪急エキスポパーク」跡地で、西日本最大級のアリーナ(18,000人収容・固定座席13,400席)となる。

さらに「商業・カジュアルホテル棟」「ホテル棟」「オフィス棟」「共同住宅」も2027年から2037年にかけて開業する。

https://www.pref.osaka.lg.jp/fukatsu/ekimae/index.html

  • 当初計画では2025年の大阪・関西万博までに開業する予定だったが、新型コロナの影響で2027年秋の開業となる。
  • 2027年時点の最大収容人数は、さいたまスーパーアリーナ36,500人、Kアリーナ20,000人(横浜2023年竣工)、に次ぐ国内3位の18,000人となる。
  • ちなみに、計画中のKOBE Smartest Arena は8,000席(可動席を含む)、最大1万人超
  • 一般定期借地権(50年)

 

大阪モノレール「万博公園駅」の南側の様子

(共同企業体の1社)AEGは米プロバスケットボールNBAのロサンゼルス・レイカーズを所有し、NBA公式戦を含む国際スポーツ大会の開催を提案している。

吉村洋文知事は「世界的な企業体に力を発揮してもらい、日本でみられなかったスポーツやコンサートが大阪で楽しめる」と期待を寄せる。

引用 産経新聞 https://www.sankei.com/politics/news/210519/plt2105190022-n1.html

 

 

万博公園に設置されるアリーナ棟の概要
所在地大阪府吹田市千里万博公園23番17の一部ほか(大阪モノレールの万博記念公園駅の南側の府有地)
敷地面積169,000㎡(北側の約146,000㎡を基本用地とし、必ず利用する)
延床面積69,550㎡
フィールド面積7,000㎡(当初計画)
階数地上3階建・地下2階
最大収容人数18,000人(固定座席13,400席)
想定年間イベント165回
想定来館者数約180万人/年
開業目標2027年秋

出典 大阪府

  • 2022年 環境アセスメント開始
  • 2023年 工事着工
  • 2027年 アリーナ棟開業
  • 2032年以降順次開業(~2037年)

出典 大阪府

出典 大阪府

以下は図面より当ブログでまとめ

  • 1期 「アリーナ棟」「共同住宅A棟・B棟・C棟」「商業・カジュアルホテル棟」
  • 2期 「フルサービスホテル棟」「オフィス棟A・B棟」
  • 3期 「オフィスC棟・D棟」「商業棟」「共同住宅A棟・B棟」
  • 4期 「共同住宅A棟・B棟」

国内の他のアリーナとの比較

アリーナ名固定座席数最大収容人数建設費(竣工)
さいたまスーパーアリーナ19,000席36,500人650億円(2000年竣工)
Kアリーナ(横浜)20,000人2023年
吹田・万博アリーナ(仮称)13,400席18,000人2027年
新・愛知県新体育館(仮称)11,000席17,000人200億円(2025年竣工)
横浜アリーナ17,000席(可動席を含む/うちスタンド6,000席)17,000人350億円(1989年竣工)
有明アリーナ(東京)15,000席(うち仮設席3000)15,000人360億円(2019年12月竣工)
大阪城ホール8,956席16,000人106億円(1983年竣工)
KOBE Smartest Arena8,000席(可動席を含む)10,000人超
大阪市中央体育館5,932席10,000人周辺と合わせ700億円(1996年竣工)
舞洲アリーナ(大阪)4,236席7,056人140億円(1995年竣工)
ワールド記念ホール(神戸)3,528席8,000人(1984年竣工)

 

アクセス

新アリーナは、大阪モノレール「万博公園駅駅」前に立地するが、モノレールの輸送能力は4両・定員410名なので、ピーク時に輸送力が不足する可能性がある。

千里中央方面は最大1時間12便、門真方面は8便で、1時間20便×500名=10,000名は対応できるが、他の利用者もいるので、アリーナ利用者としては5,000人くらいか?

また新アリーナから、阪急千里線「山田駅」へは西へ約1.3km(徒歩16分)で、かなり遠いが歩くことはできる。

ちなみに、2020年10月に建設予定地に隣接する「万博記念公園」で自動運転バスの実証実験を行っている。

Panasonic Stadium Suita (市立吹田サッカースタジアム)

Panasonic Stadium Suita (市立吹田サッカースタジアム)

  • Jリーグ「ガンバ大阪」のホームスタジアム
  • 開場   2015年
  • 建設費  約140億円
  • 敷地面積 90,065㎡
  • 建築面積 24,712㎡
  • 延床面積 66,355㎡
  • 高さ   40.33m
  • 階数   地上6階
  • 設計   竹中工務店・安井建築設計事務所
  • 施工   竹中工務店
  • 収容能力 39,694人
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました