大阪市の人口が増加した理由

2016年10月1日の大阪市の推定人口は270万2033人で前年比+10,848人となった。

なぜ、大阪府全体の人口が減少しているなか、大阪市の人口が増加しているのか?

それは、大阪市内の勤務先にアクセスのいい大阪市都心のタワーマンションが人気となっているからだ。

元々、大阪市内に住みたいというニーズがあったが、大阪市内で適当な住宅を見つけることが困難だった。

しかし、1990年代後半から規制緩和により大阪市内で超高層ビルが建設され、老朽化した中小オフィスビルをタワーマンションに再開発する傾向が強まった。

そのため、大阪市内の住宅が大量供給されるようになり、大阪市内の人口が増加したと考えられる。

大阪市人口
S30254万人
S40315万人
S50277万人
S60263万人
H7260万人
H17262万人
H22266万人
H28270万人

 

大都市人口増加人数(2016年)

東京都区部57,000人
札幌市9,000人
大阪市9,000人
さいたま市9,000人
川崎市8,000人
福岡市7,000人
名古屋市6,000人
横浜市4,000人

大阪市は東京都区部に次ぐ、全国トップクラスの人口増加都市となっている。

 

関東の場合

関東を見ても、東京に近い川崎市の人口は8,000人増加し、東京からより遠い横浜市の人口は4,000人の増加にとどまる。

通勤に便利な都市に人口が集中する傾向が顕著になっている。

 

今後の予想

現在、大阪市の昼間人口は354万人と居住人口の270万人よりも84万人も多い。つまり、毎日84万人が大阪市内に通勤通学で流入している。

したがって、大阪市内への転入ニーズは高く、タワーマンションなど住宅が供給される限り、大阪市の人口は増加すると予想される。

ちなみに、2017年現在、大阪市の人口は270万人で、これは京都府の人口260万人よりも多い。

神戸市は「おしゃれ」をアピールして、移住を推進しているが、それは見当違いだ。

やはり、通勤通学に便利な都市に人口が集中している。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました