関空アイスアリーナ 2019年12月25日開業【2020年1月2日一般利用開始予定 木下グループ】

完成予想図(出典 泉佐野市)

2019年12月25日、関空アイスアリーナは関空の対岸大阪府泉佐野市の「りんくう公園」内に開業した。

国際大会規格のメインリンク(60m×30m)、カーリングレーン2面、最大座席1,500席(固定座席は約500席)という規模で、スケート選手の練習場不足に対応するが、一般利用(大人1,600円)も2020年1月2日から可能となっている。

一般社団法人「関空アイスアリーナ」が事業を行い、2018年12月に「ネーミングライツ・スポンサー企業」は「木下グループ」に決定した。

設計は安井建築設計事務所、施工は淺沼組・日本土木建設が担当した。

 

利用時間と料金(2020年2月1日~)

一般利用時間帯 平日12時~18時(最終入場17:00)/土日祝10時~18時(最終入場17:00)
一般滑走料  大人1,600円/中高生1,300円/小学生以下900円
貸靴料 1足500円
観覧・付添料 1人400円
所在地 大阪府泉佐野市りんくう往来北1-23
電車 JR・南海「りんくうタウン駅」から北へ徒歩5分~10分
駐車場 最初30分無料・120分まで(300円)/平日24時間最大500円/土日祝24時間最大700円/122台
(プロスケーター営業時間予定) (4時30分~25時30分予定)

2019年10月撮影

スポンサーリンク



2019年10月撮影

3m~5m高い位置に建設されている。

 

2019年10月撮影

 

施設配置図(出典 泉佐野市)

 

位置図

 

2019年10月(りんくうタウン駅から撮影)

 

2019年10月

手前の公園、道路、駐車場は泉佐野市の事業だが、まだ完成していない。

 

土地利用計画(出典 泉佐野市)

 

リンクの広さ

リンク 縦 × 横
メインリンク 60m×30m
カーリングレーン2面(サブリンク) 45m×10m

出典(泉佐野市)

最大座席数1,500席

座席種別 座席数
2F固定座席(2F) 500席(488席という情報もある)
仮設座席 680席
最大座席数 1,500席

2Fに固定席約500席(488席という情報もある)が設置される。また仮設席は680席で、最大座席数は1,500席まで対応できる。(固定席+仮設席+αということか?)

リンクを囲む約200メートルのフェンスは約2時間で取り外すことができるイタリア・ENGO社製のシステムを日本で初めて導入。大型スクリーンも設置し、スケート以外のイベントにも簡易に活用できるようにする。

この場合、スケートリンクの上に断熱床材を敷き3,000㎡、最大収容人員3,000人の大型ホールとして利用できる。

 

 

 

 

関空アイスアリーナ 物件概要

名称 関空アイスアリーナ
住所 泉佐野市りんくう往来北1-23他
用途 スケートリンク
敷地面積 15,216平米
延床面積 4,732.5平米
スケートリンク メインリンク(60m×30m)/カーリングレーン2面(45m×10m)
座席数 最大1,500席 / 通常(固定席488席+仮設席680席=1,168席)
階数 地上2階
事業者 MULプロパティ
設計 安井建築設計事務所
施工 淺沼組・日本土木建設
着工 2018年9月
竣工 2019年9月
開業 2019年12月25日

りんくうタウンのりんくう公園予定地10.4ヘクタールの敷地の一部10,516平米に「関空アイスアリーナ」を建設する。

2018年1月19日、大阪府泉佐野市は「関空アイスアリーナ整備事業者選定委員会」において、三菱UFJリース(MUL)のグループ会社「MULプロパティ株式会社」を最優秀提案者に決定した。

また、西日本初の常設カーリング場(長さ45m×2レーン)を設置する。

 

構成企業

MULプロパティ株式会社
株式会社安井建築設計事務所
株式会社淺沼組
日本土木建設株式会社

 

スキーム

大阪府が所有する「りんくう公園予定地」10.4ヘクタールを泉佐野市が借り、民間事業者「MULプロパティ」がアイススケートリンクを設計・建設し、市に20年の賃貸借契約でリースする。

年間リース料は約1.4億円で20年間のリース料は総額約28億円となる。

さらに泉佐野市は、一般社団法人「関空アイスアリーナ」にリース契約で貸し出す。

 

りんくう公園

ゾーン名 面積
スケートリンクゾーン 約43,000平米
飲食ゾーン 約33,000平米
バス駐車場ゾーン 約21,000平米
緑地ゾーン 約21,000平米
合計 約118,000平米

 

コメント

事業費は「関空アイスアリーナ」単体で15億9500万円、全体構想で約40億円と推定される。(事業費28億円あるいは30億円という報道もある)

スケートリンクはナショナルトレーニングセンターとしても機能できる通年型とし、国際規格リンクを設置し、仮設も含めると観客席は最大1,500席で国際大会も開催可能となる。

当初は30m×60mのリンクを2面設置する計画だったが、「メインリンク30m×60m」、「カーリングレーン45m×10m (2レーン合計)」(サブリンク兼用)となったようだ。

error: Content is protected !!