ニュース 話題 交通

【2017】関西3空港(年間利用者数合計)4,600万人突破

2018/01/28


2017年の関西3空港の年間利用者数は4,661万人(国際線+国内線)となった。

関西エアポートは関西3空港で合計5,000万人の利用者数を目標としており、このままで推移すると2年~3年後に達成できると予想される。

2017年(1月~12月)関西3空港利用者数(当ブログ集計)

空港名 合計 国内線 国際線
関西空港 2,798万人 684万人 2,113万人
大阪空港 1,559万人 1,559万人 0
神戸空港 304万人 304万人 0
3空港合計 4,661万人 2,547万人 2,113万人
羽田空港(2016年) 7,952万人 6,434万人 1,518万人
成田空港 4,068万人 754万人 3,314万人

スポンサーリンク


関西空港

2017年1月28日 LCC専用ターミナル2に国際線ターミナルが増設され国際線LCC客がが増加した。

現在、関空ターミナル1は国際線利用者の増加により国際線ゲートが混雑しているため、国内線ゲートの一部を国際線に変更する大規模改修が計画されている。

関空T1ゲート数

  • 関空ターミナル1全体       41ゲート
  • 国際線専用ゲート            30ゲート
  • 国際線・国内線供用           2ゲート
  • 国内線専用ゲート              9ゲート

関空ターミナル処理能力

ターミナル 処理能力(合計) 国内線 国際線
T1 2,500万人 1,300万人(開業時) 1,200万人(開業時)
T2 835万人 550万人 285万人
合計 3,335万人 1,850万人 1,485万人

 

伊丹空港

伊丹空港は現在ターミナル改修工事を実施しており、2018年春にも部分開業し、到着口が1か所に集約される予定。

 

神戸空港

現在、神戸空港にはスカイマークとANAグループが就航している。スカイマークが好調で2017年初めて年間利用者数300万人を突破した。

しかし、1日の発着枠が60便(30往復)なので、これ以上の大幅な増加は難しい。

2018年4月より、関西エアポートが神戸空港を運営する。

 

コメント

関空の設計上の処理能力は3,335万人で、これに伊丹空港の約1,500万人、神戸空港の約300万人を合計すると、5,135万人となる。

関西エアポートの「3空港で5,000万人」という目標は、3空港の現行ターミナルの処理能力の上限から設定されたと思われる。

その上限に2年~3年後に達すると予想されるが、そうなると、空港の処理能力がネックとなって、訪日外国人が増加しない可能性がある。

その解決策としては、関空2期島に新ターミナルを建設するのが合理的だ。

関空2期島新ターミナルの規模は関空ターミナル1と同じ2,500万人規模の場合、費用は全体で2,000億円と予想される。

そのため、建設されれば、利用者を増加させないと赤字になる可能性がある。

もし、神戸空港や伊丹空港を拡張して利用者を増加させた場合、将来的に関空2期島ターミナルを建設した場合、利用者が減少する可能性がある。

したがって、神戸空港、伊丹空港については大幅な拡張の可能性は低いと思われる。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 交通

error: Content is protected !!