近鉄 新型名阪特急「ひのとり」「プレミアム車両」と「レギュラー車両」どちらがいいか?【80000系】2020年3月14日デビュー

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

2022年12月撮影

近鉄は、2020年3月14日から新型名阪特急「ひのとり」の営業運転を開始した。

「プレミアム車両」と「レギュラー車両」の2種類あるが、両席ともに「バックシェル」を設置し、後席に気兼ねなくリクライニグできる。

大阪難波=名古屋の運賃は、プレミアム車両(5,240円)、レギュラー車両(4,540円)で、レギュラー車両の方が片道700円安い。

 

どちらがいいか?

プレミアム車両に乗車したが、乗車率は6割~8割と混雑している。

一方、レギュラー車両の乗車率は2割~4割と比較的空いている。

個人的には、プレミアム車両は一回乗ればいいと思う。

むしろ、乗車率の低い「レギュラー車両」の方が快適かもしれない。

 

新幹線と比較

列車 区間 運賃
新幹線(のぞみ) なんば=新大阪(16分)+新大阪=名古屋(50分)=(1時間20分) 6,220円
ひのとり(プレミアム) なんば=名古屋(2時間) 5,240円
ひのとり(レギュラー) なんば=名古屋(2時間) 4,540円

なんば=名古屋で比較しても、新幹線利用する方が約40分速い。

しかし、乗り換えなしでゆっくり行きたいときは「ひのとり」も選択しにしていいかもしれない。

特に近鉄の株主優待券があれば、乗車券2,410円が不要になるので、特急券(レギュラー車両2,130円・プレミアム2,830円)だけで利用できる。

 

乗車料金(大阪難波~名古屋)片道

 

「ひのとり」の乗車には「運賃」+「特急料金」に追加して「特別車両料金」が必要となる。

プレミアム車両 レギュラー車両
合計金額 5,240円 4,540円
(運賃) 2,410円 2,410円
(特別急行料金) 1,930円 1,930円
(特別車両料金) 900円 200円

 

新型名阪特急「ひのとり」概要

車両名称 ひのとり
車両型式 80000系
運行開始日 2020年3月14日(土)
運航区間 大阪難波~近鉄名古屋
製造両数 全72両(6両編成 × 8編成 + 8両編成 × 3編成)
編成定員 239人(6両編成)・327人(8両編成)
運賃 プレミアム 5,240円
レギュラー 4,540円
  • 2020年3月14日(土)の運行開始時点は、6両編成 ×3編成で運行
  • 2020年度中に全11編成(全72両)を導入し、大阪難波駅、近鉄名古屋駅 毎時0分発ほか、停車駅の少ない名阪特急をすべて「ひのとり」で運行する。

ロゴマーク

ダイヤ(2022年)

 

「プレミアム車両」と「レギュラー車両」概要

プレミアム レギュラー
座席間隔 130cm

(アーバンライナー105cm)

116cm
車両位置 両先頭車両(2両) 中間車両(4両または6両)
座席配置 横3列(2席+1席) 横2列(2席+2席)
車両定員 21人 52人(4号車のみ41人)
バックシェル
運賃(大阪難波~名古屋) 5,240円 4,540円

プレミアム車両

  • 電動リクライニング
  • 横揺れを低減する電動式フルアクティブサスペンション
  • 後席に気兼ねなくリクライングできる「バックシェル」
  • ヒーター

 

 

レギュラー車両

  • 後席に気兼ねなくリクライングできる「バックシェル」
  • 大型テーブル

error: Content is protected !!