【2021年暦年】関西3空港の利用者数合計 1,146万人 前年比-28%(関空306万人・伊丹677万人・神戸空港163万人)

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

関西空港(筆者 撮影)

関西3空港の2021年(暦年)の利用者数は合計1,146万人で前年比-28%、前々年比-78%となった。

2021年暦年 関西3空港の利用者数

空港名 利用者合計(前年比) 国際線 国内線
関西空港 306万人(-53%) 25万人(-93%) 281万人(-8%)
伊丹空港 677万人(-12%) —— 677万人(-12%)
神戸空港 163万人(-52%) —— 163万人(横ばい)
合計 1,146万人(-28%) 25万人(-93%) 1,121万人
  • 2019年の関空利用者数は3,191万人だったが、2021年は306万人と-90%と大幅に減少した。
  • 2021年の関空の貨物取扱量は約81.4万トン(国際貨物80.8万トン)で前年比+15%、前々年比+6%と増加した。

 

以下は過去情報

伊丹空港(筆者 撮影)

2019年4月~2020年3月 関西3空港の年間利用者数

空港名 利用者合計 国際線 国内線
関西空港 2,876万人(-2%) 2,206万人(-4%) 671万人(+3%)
伊丹空港 1,577万人(-3%) —— 1,577万人(-3%)
神戸空港 329万人(+3%) —— 329万人(+3%)
合計 4,782万人(-2%) 2,206万人(-4%) 2,576万人(-1%)

 

関西国際空港

関西エアポートは2025年の大阪関西万博までに国際線処理能力(T1+T2)を4,000万人に引き上げる予定。

設計時のターミナル1(T1)の年間処理能力は2,500万人(国際線1,200万人、国内線1,300万人)だったが、2018年にはT1の国際線利用者は2,060万人、国内線400万人となっていた。

そこでT1の国内線エリアを国際線に利用する改修を行う。

関空ターミナルの処理能力(設計時)

ターミナル 設計時の処理能力 国際線 国内線
ターミナル1(T1) 2,500万人 1,200万人 1,300万人
ターミナル1(T2) 835万人 285万人 550万人
合計 3,335万人 1,485万人 1,850万人

 

伊丹空港

伊丹空港は約3年をかけた全面改修が2020年7月に完了しグランドオープンした。

南北エリアにそれぞれ「スマートレーン」と「ウォークスルー型商業エリア」が完成し、より便利になり、買い物もしやすくなり、検査後に飲食できる店舗が大幅に増加する。

  • スターバックスコーヒー(南館2F検査後エリア?)
  • 551HORAI(南館2F検査前エリア)
  • メゾンカイザー(北館2F検査後エリア?)
  • 上島珈琲店(北館2F検査前エリア)
  • 南北合計で31店舗が新規オープンする

出典 関西エアポート

 

神戸空港

神戸空港の発着枠は2019年8月から1日60回(30往復)から1日80回(40往復)と拡大され2019年度の利用者数は329万人と前年比+3%と増加した。

2022年夏ダイヤ(3月27日~10月29日)でFDAが神戸=新潟路線を1往復で運航する。

error: Content is protected !!