ニュース 話題 交通 大阪市・大阪府

関空 2期島に本格的「第3ターミナル」建設を検討

投稿日:

関西空港(筆者撮影)

関西国際空港を運営する「関西エアポート」は、関空2期島に本格的「第3ターミナル」建設の検討を本格化させる。

引用・参照 産経新聞

https://www.sankeibiz.jp/business/news/190904/bsd1909041614019-n1.htm

 

関空ターミナルの処理能力

ターミナル名 2019年現在 T1改修後(2025年) T3完成後(2030年以降?)
T1 2,500万人 3,500万人 3,500万人
T2 835万人 835万人 835万人
T3 2,000万人?
合計 3,350万人 4,335万人 6,335万人?

2018年度の関空利用者は2,940万人で、現在の第1、第2ターミナルの処理能力は合計3,350万人なので余裕があるように思える。

しかし、飛行機の発着のピークである朝夕には、搭乗手続き待ち時間が1時間以上、混雑する時は3時間となっており限界に近い。

そこで、1,000億円(防災対策270億円を含む)をかけて関空T1を改修し国際線フロアの拡張を計画している。

それでも、2030年頃には、外国人訪問者は2,400万人(往復で4,800万人)になると予想され、またIRの誘致が成功するとさらに年間700万人(往復で1,400万人)の外国人来場が見込まれているため、関空の処理能力が不足する懸念がある。

これらの需要の対応するためには、2期島の「第3ターミナル」の処理能力は2,000万人規模以上が必要となる。

アドセンス

スポンサーリンク



アドセンス

スポンサーリンク



関連コンテンツ



-ニュース 話題, 交通, 大阪市・大阪府

error: Content is protected !!

Copyright© 関西散歩ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.