ニュース 話題 交通 大阪市・大阪府 神戸・兵庫

【2019年1月~12月】関西3空港の利用者数 合計5,178万人【関空・伊丹・神戸空港】

投稿日:

関西空港(筆者撮影)

関西3空港 年間利用者5,178万人

2019年(1月~12月)の関西3空港の利用者数は5,178万人となり過去最高を記録した。

関西空港の総旅客数(国内線+国際線)は3,191万人で前年比+10%増加した。これは中国などアジアからのインバウンド客が増加してること、ハワイ向けLCC利用者の増加が要因と思われる。

関西エアポートでは、関西3空港(関空、伊丹、神戸)の年間総旅客数5,000万人を目標としていたが2019年に初めて目標を達成したことになる。

また、関西空港の年間発着回数は206,777回となり、年間19万回を突破してした。

 

2019年(1月~12月)関西3空港の利用者数

空港名 利用者合計 国際線 国内線
関西空港 3,191万人(+10%) 2,493万人(+11%) 698万人(+7%)
伊丹空港 1,650万人(+2%) ------ 1,650万人(+2%)
神戸空港 336万人(+11%) ------ 336万人(+11%)
合計 5,178万人(+7%) 2,493万人(+11%) 2,685万人(+4%)

伊丹空港

 

関西国際空港

関西エアポートは2025年の大阪関西万博までに国際線処理能力(T1+T2)を4,000万人に引き上げる予定。

設計時のターミナル1(T1)の年間処理能力は2,500万人(国際線1,200万人、国内線1,300万人)だったが、2018年にはT1の国際線利用者は2,060万人、国内線400万人となっていた。

そこでT1の国内線エリアを国際線に利用する改修を行う。

 

関空ターミナルの処理能力(設計時)

ターミナル 設計時の処理能力 国際線 国内線
ターミナル1(T1) 2,500万人 1,200万人 1,300万人
ターミナル1(T2) 835万人 285万人 550万人
合計 3,335万人 1,485万人 1,850万人

 

神戸空港

神戸空港の発着枠は2019年8月から1日60回(30往復)から1日80回(40往復)と拡大され年間の利用者数は336万人となった。

2020年は年間通して1日80回(40往復)となるので、380万人~400万人に達すると予想される。

神戸市の人口は150万人なので全員が1往復(2回搭乗)すると年間利用者数は300万人となるが、実際に神戸空港を利用する神戸市民は延人数は何人なのか?

神戸空港には運賃の安いスカイマークが就航しており、大阪府民など他府県民を利用していると思われる。

しかし、神戸空港の着陸料は伊丹空港や関西空港の半額だったり、神戸空港だけ国内線空港施設利用料を徴収していない。また神戸空港だけ搭乗者は24時間駐車場無料となっている。

関空T2(LCC用)でも国内線出発420円、国内線到着370円を徴収している。A320やB737など小型機で150人が搭乗していると1発着で300人となり、空港施設利用料は1発着で約12万円となる。

しかし、神戸空港に発着する場合は1円も払っていない。

公正な競争をするため、神戸空港の料金設定を他の2空港と同じレベルに引き上げる必要があるのではないか?

 

神戸空港の発着枠が2020年春に埋まる

現在の神戸空港の発着枠1日80回(40往復)は2020年3月29日以降の夏ダイヤですべての枠が利用される見通し。

エアライン 2020年1月 2020年3月29日~
スカマーク 48回(24往復) 54回(27往復)
ANAグループ 16回(8往復) 16回(8往復)
FDA 8回(4往復) 10回(5往復)
合計 72回(36往復) 80回(40往復)

2020年春以降、スカイマークの発着回数は1日54回(27往復)となり、神戸空港のシェアは67.5%に達する。

 

スカイマーク2020夏ダイヤ

路線 便数(発着回数) 増便(発着回数)
神戸-羽田 15回(7.5往復) +1回(0.5往復)
神戸-沖縄 10回(5往復) +4回(2往復)
神戸-札幌 7回(3.5往復) +1回(0.5往復)
神戸-仙台 4回(2往復)
神戸-茨城 6回(3往復)
神戸-長崎 6回(3往復)
神戸-鹿児島 6回(3往復)
合計 54回(27往復) +6回(3往復)

スカイマークは羽田→神戸便、神戸→札幌便を片道1回(0.5往復)増便、神戸-沖縄便は4回(2往復)増便する。

 

FDA2019年12月実績

FDA(神戸ー出雲)便の搭乗率は32.3%、神戸ー高知は56.6%、神戸ー松本は77.2%で全体でも51.3%と苦戦している。

 

まとめ

神戸の人口150万人のうち50万人が年1往復(2回利用)、神戸空港を利用すると年間延100万人となる。

神戸空港の利用者数は2019年には336万人だったので、神戸空港を利用しているのは神戸市民以外の人が226万人が利用したことになる。

結局、神戸空港は運賃の安いスカイマークが神戸市以外から集客しているに過ぎない。

安い運賃目当てに神戸空港を利用する人は、三宮で乗り換えるだけで神戸市内で買物や飲食することも少ない。

いくら神戸空港の利用者が増加しても、神戸三宮を素通りしているだけで経済効果はない。

神戸市がこれ以上増枠や国際化というなら、神戸空港の府県別利用者数データを公表すべきではないか?

アドセンス

スポンサーリンク



アドセンス

スポンサーリンク



関連コンテンツ



-ニュース 話題, 交通, 大阪市・大阪府, 神戸・兵庫

error: Content is protected !!

Copyright© 関西散歩ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.