「南海電鉄」と「泉北高速鉄道」 2025年度早期に経営統合へ

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

「南海電気鉄道」は2023年12月20日、完全子会社の「泉北高速鉄道」を経営統合で基本合意した。

具体的には、「南海電鉄」を吸収合併存続会社、泉北高速鉄道を吸収合併消滅会社とする予定。

路線図(出典 南海電鉄)

 

経営統合後、初乗り運賃の二度払いの解消などを検討

出典 南海電鉄(検討案)

南海電鉄は2014年、大阪府などから第三セクター「大阪府都市開発」の株式譲渡を受け、名称を「泉北高速鉄道」に変更し、2022年に完全子会社化した。

泉北高速鉄道線は、中百舌鳥駅~泉中央駅間の14.3kmを結ぶ路線で、南海高野線と相互直通運転を実施し、大阪都心と泉北ニュータウンなどを郊外の住宅地を結んでいる。

また、「泉北高速鉄道」は、東大阪市と茨木市において東大阪、北大阪流通センターの物流事業の運営している。

 

名称 南海電気鉄道株式会社 泉北高速鉄道株式会社
路線長 154.8km 14.3km
営業収益(2023年3月期) 2,213億円 137億円
営業利益(2023年3月期) 210億円 46億円
経常利益(2023年3月期) 190億円 46億円
error: Content is protected !!