【京都・葵祭】斎王代になると1,000万円~2,000万円の出費?

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

葵祭(筆者撮影)

毎年5月15日に京都で開催される「葵祭」では、毎年「斎王代」が選ばれる。

「斎王」とは神社に仕えた皇室の未婚の内親王のことで、「斎王代」とは「斎王」の代理という意味。

 

なぜ斎王代は京都のご令嬢ばかりか?

「斎王代」に選ばれるのは、毎年、京都の老舗や企業経営者のご令嬢が多い。

歴代の「斎王代」を見ると

  • 2023年 65代  松井陽菜さん (父  京都府医師会長)
  • 2019年 64代  負野 季花さん (父 負野薫玉堂を経営)
  • 2018年 63代  坂下志保さん  (父 外資系会社社長 母 本家八つ橋西尾専務)
  • 2017年 62代  富田紗代さん  (父 不動産会社専務)
  • 2016年 61代  西村和香さん  (父 像彦社長)
  • 2015年 60代  白井優佐さん  (父 電子メーカー会長)

 

なんとなく、京都だから老舗のご令嬢が選ばれるのかなと思っていた。

しかし、実は「斎王代」になると衣装の「十二単」も自分で負担しないといけないらしい。

「十二単」だけで数百万円以上かかり、その他の費用も含め1,000万円~2,000万円程度かかるらしい。

これだけの費用を負担できるのはやはり、京都の老舗や会社のご令嬢ということになる。

 

葵祭(筆者撮影)

 

コメント

京都って観光するにもいろいろ「観光地価格」で高いという印象をもっていたが、京都の祭りや伝統を守るためには、やっぱり、京都人の努力とお金が必要だと思う。

観光客が「京都という夢の世界」への入場料として、高い「観光価格」を負担しなければ、京都の伝統は維持できない。

京都人は単なる「イケズ」ではない。

「京都の祭りや伝統」を守るためには、自然と「イケズ」になってしまうのだろう。

 

世の中には裏と表がある。

  • 表  斎王代
  • 裏  数千万円を負担

こういう事情を知って、20歳くらいの京都女性が、立派に「斎王代」を務めているのだからすごいと思う。

京都人は「裏表があって当然」と思っている。

それはネガティブな意味ではなく、京都の伝統を守るために「必要なこと」かもしれない。

error: Content is protected !!