ニュース 話題 交通 京都・奈良

【奈良県】平城京跡地の近鉄奈良線(大和西大寺駅~近鉄奈良駅4.4km)移設へ向け、2020年に方針が出される見込み

更新日:

復元された「平城宮跡 朱雀門」(筆者撮影)

産経新聞によると、奈良県は平城京跡の「近鉄奈良線」を南側の大宮通り付近に移設する方針で2020年度にも一定の方針が出される見込み。(2020年は藤原不比等没後1,300年のため、荒井奈良県知事は線路移設に意欲的になっている)

引用https://www.sankei.com/politics/news/191230/plt1912300003-n2.html

 


コメント

平城京跡(奈良県)は710年に建設され、敷地面積は約130haだが、敷地内に近鉄奈良線が東西に横切っている。

そこで、近鉄奈良線「大和西大寺駅」~「近鉄奈良駅」間の4.4kmを高架または地下化し、南側の「大宮通り」に移設し、世界遺産平城京遺跡「朱雀門」の南側に「朱雀門前駅」を設置することが検討されている。

すでに2017年、奈良県、奈良市、近畿日本鉄道は対象区間の移設などを検討する「まちづくりに関する連携協定」を締結している。

都市部の地下鉄の建設費は1km当たり400億円と言われるので、本件の場合も1km当たり200億円以上はかかるのではないか?

したがって、移設対象線路長は4.4kmなので事業費は1,000億円以上と予想される。個人的な予想では1,500億円~2,000億円かかると思われる。

ただ、近鉄「大和西大寺駅」付近の踏切も撤去されるので、国から建設費の半分くらいの補助金がでる可能性がある。残りを奈良県、奈良市、近鉄で負担すると実現できるかもしれない。

 

「大和西大寺駅」と「新大宮駅」も移転か?

新ルートは平城京跡の敷地内を通過しないと思われるので、現在の「大和西大寺駅」と「新大宮駅」も場所を移転する可能性がある。

具体的には、「大和西大寺駅」を出ると直ぐに南下し「大宮通り」に入り、そのまま「大宮通り」を東へ直進するのではないか?

そうすると「新大宮駅」も南に移転する可能性がある。

個人的にはJR奈良線と大宮通りが交差する場所で、近鉄とJRが新駅を設置し乗り換えができるとさらに便利になると思う。

 

アクセス

アドセンス

スポンサーリンク



アドセンス

スポンサーリンク



関連コンテンツ



-ニュース 話題, 交通, 京都・奈良

error: Content is protected !!

Copyright© 関西散歩ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.