(2021年度完成)JR大阪環状線「京橋駅」リニューアル工事(大阪環状線改造プロジェクト)

2021年10月撮影(京阪側の改札口外から撮影)

JR京橋駅改札口(京阪側)の完成予想図

JR西日本は、2021年度の完成を目指しJR大阪環状線「京橋駅」のリニューアル工事を実施しており、すでに環状線外回りと内回りのホームドアが稼働している。

現在、駅改札口の内外や外観を中心にリニューアル工事を実施しており、エレベーターも5基から8基に増設される。

 

2021年10月撮影(京阪側の改札外)

店舗名(改札外)業態開業日営業時間
セブンイレブンコンビニ2021年11月24日6:30~24:00
DELI CAFE(デリカフェ・キッチン京橋)カフェ2021年12月1日7:00~22:00

 

2021年10月撮影(京阪側の改札口内)

  • 「episode(エピソード)」(左 化粧品、アクセサリー、服飾雑貨)
  • 「Manneken(マネケン)」(右 ワッフル)

 

2021年10月撮影(京阪側の改札口内)

 

2021年10月撮影(京阪側の改札口内の階段)

 

改札内完成予想図

 

2021年10月撮影(改札外のきっぷうりば)

 

JR京橋駅北口西側(京阪側)完成予想図

 

2021年10月撮影

左の囲い部分は「カフェ」工事の可能性がある。

JR京橋駅北口西側(京阪側)完成予想図(拡大)cafeと記載されている

 

 

JR京橋駅北口東側の完成予想図

 

2021年10月撮影

2021年10月撮影

 

2021年10月撮影(2Fホームから撮影)

 

2021年10月撮影(2Fホームから撮影)

エレベーターには「動物のイラスト」が描かれている。

 

2021年10月撮影(2Fホームから撮影)

ベンチが設置されている。

 

4番のりば(2021年10月)

ホームの支柱もリニューアルする可能性がある。耐震工事か、美装化の可能性がある。

 

2019年10月 ホームドア設置

 

2019年10月(大阪行き3番のりばを撮影)

JR西日本は2019年10月JR京橋駅の3番のりばのホームドアを稼働させた。2020年春に、4番のりばにホームドアを設置する。

ホームドアを設置するためには、1車両のドアの枚数と位置を統一する必要があった。

そのため2019年6月7日、4枚ドアの「201系」車両を大阪環状線から退役させ、すべて3枚ドアの「323系」「221系」などに統一した。

設置場所JR大阪環状線「京橋駅」3・4番のりば
高さ約1.3m
最大開口約3.5m
柵延長約160m × 2つの「のりば」
使用開始時期2019年10月 3番のりばホームドア稼働

2020年3月 4番のりばホームドア稼働

2019年10月(大阪行3番のりば)

最大開口幅は約3.5mと広く、車両の停止位置が多少ずれても乗り降りできる。

 

2019年10月(大阪行3番のりば)

 

出典 首相官邸HP

 

出典 首相官邸HP

京橋駅周辺と大阪ビジネスパーク駅周辺(51ha)は「都市再生緊急整備地域」に指定されている。

リストアップされているプロジェクトのうち、すでに、「KDDI大阪第2ビル」、「新MID大阪京橋ビル(ケイ・オプティコムビル)」、「読売テレビ新社屋」が完成している。

今後は、「(仮称)京阪京橋駅周辺開発計画」と「(仮称)イオン京橋開発計画」が予定されている。

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました