【2020年10月1日(木)】みずほFG(8411)10株を1株にする「株式併合」実施【株価は10倍、保有株式数は1/10になる】

2020年10月1日(木)、みずほFG(8411)は、10株を1株にする「株式併合」実施する。

  • 理論上「株価は10倍、保有株式数は1/10になる」
  • 理論上、株式の価値(株価×保有株式数)は変化しない。
  • 現在1,000株未満の保有株式は「単元未満株式」となり、取引所では売買できなくなる。
  • 売買単元は100株のままだが、株価が10倍となるため最低売買代金は約13,000円から130,000万円と10倍に引き上げられる。

 

単元未満株(100株未満)の売却・換金方法など
「単元未満株」としてそのまま保有することもできる。その場合「取引所」では売買はできないが配当は得られる。
証券会社によっては「単元未満株」を売却できる。(但し、通常の売却方法とは異なる)
証券会社によっては「単元未満株」を買取請求できる。(但し、郵便による手続きが必要な場合がある)
証券会社によっては「単元(100株)」まで買増請求できる場合がある。(但し、ネットではなく電話対応のみの場合もある)

 

当ブログまとめ(100%の正確性はありません)株価=130円で試算
銘柄名みずほフィナンシャルグループ
銘柄コード8411
実施日
  • 2020年10月1日(木)(受渡日ベース)
  • 2020年9月28日(月)大引け時点の残高に対して株式併合を実施
株価(理論値)130円 → 1,300円
保有株式数1,000株 → 100株
売買単元100株 → 100株(変更なし)
最低売買代金13,000円 → 130,000円
併合前の最終売買日2020年9月28日(月)
併合後の取引開始日2020年9月29日(火)
  • 株式の約定日から受渡日までの期間は、以前は3営業日目だったが、2019年7月より、2営業日後に変更された。
  • 2020年9月29日(火)に約定すると受渡日が2020年10月1日(木)になるので、株式併合後の株価で売買することになる。

 

当ブログは、情報提供のみを目的としており、読者にいかなる取引も勧めるものではありません。情報の正確性については十分配慮していますが、100%の正確性はありません。最終的にはご本人でご確認ください。
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました