ニュース 話題 神戸/兵庫

「尼崎城」2019年3月29日一般公開 (天守閣は2018年11月 完成) 【平成の築城】

2019/04/19

北西から撮影(2019年3月)

尼崎城は、家電量販大手のミドリ電化(現エディオン)の創業者、安保詮(あぼあきら)氏が12億円以上の建設費を負担して建設し、完成後の2018年11月30日に尼崎市へ寄贈された。

 

2019年3月(西から撮影)

西側から見ると、正面に「4層の大天守」が見える。

 

2019年3月29日(金)午前11時 一般公開

尼崎城址公園(敷地部分)と天守閣1階は無料エリアとなる。

無料エリア 尼崎城址公園敷地+天守閣1階
有料エリア(大人500円・小中高250円) 天守閣2階 剣術・鉄砲のVRゲーム体験
天守閣3階 衣装を試着して江戸時代を体験
天守閣4階
天守閣5階 展望コーナー

 

尼崎城は、「4層4階の大天守」に「2層櫓の多聞櫓小天守」が付属する「複合式天守」という形式となる。

阪神梅田駅から阪神尼崎駅までは電車で8分、尼崎駅から尼崎城までは徒歩5分と大阪・梅田からもアクセスがいい。

尼崎市では、初年度は22万人、2年目以降15万人の入場を見込んでいる。

 

 

2019年2月撮影

西側から角度を変えて撮影

スポンサーリンク


尼崎城 概要

高さ 約24m
階数 4層4階(天守)・2層櫓(多聞櫓小天守)
構造 鉄筋コンクリート造
延床面積 約1,400平米
天守閣の見学時間 午前9時~午後5時
入城料(敷地は無料) 一般・大学生 500円
小・中・高校生 250円
未就学児 無料

 

南西から撮影(2019年3月)

天守の左に「お堀」が見える。

 

南正面から撮影(2019年3月)

開城前の消防訓練のようです。

 

南東から撮影(2019年3月)

天守閣の南東には芝生が植えられている。

 

東から撮影(2019年3月)

 

北東から「櫓部と天守』を撮影(2019年3月 )

 

北側には、児童公園のようなものが設置されている

 

現地案内図

 

天守閣の南側に駐車場(約20台)が設置される。

 

南側の道路から駐車場に入る

 

アクセス

阪神電鉄「尼崎駅」南東約300m・徒歩約5分。

尼崎城は尼崎駅の南東にあるが、「阪神尼崎駅」の西口から一旦南側に出て、そこから東に行くルートが分かりやすい。

 

コメント

尼崎城の完成度は高いと思う。

北側には高層マンションが建設されている。

したがって、北側と西側から撮影すると、背景に高層マンションが写り込まない。

南から撮影するときも、近寄って角度を工夫すれば、背景に高層マンションが写り込まないかもしれない。

阪神尼崎駅の南東の様子

 

阪神尼崎駅の南側から、東へ坂を上る。自転車がスロープで下ってくるので注意が必要。

 

坂を上って少し右に行ったところの風景

交通量は少ないが、信号もなく、動線が整備されていない。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 神戸/兵庫

error: Content is protected !!