丸福樓(旧任天堂本社・ホテル)2022年4月1日開業 京阪「七条駅」徒歩4分

丸福樓(2022年4月1日開業)

「丸福樓」は、1889年に創業した任天堂の旧本社屋をリノベーションしたホテルで、安藤忠雄建築研究所が設計監修、ノム建築設計室が設計、大林組が施工を担当した。

客室数は18室(うちスイートルーム7室)で、新築棟と既存棟があるが、同じ間取りが存在しないオリジナリティを持った客室となる。

エリア京都・鍵屋町
店舗名丸福樓
所在地京都市下京区正面通加茂川西入鍵屋町342番地
客室数18室
開業2022年4月1日
アクセス京阪「七条駅」徒歩4分

 

(既存棟)東面を撮影

(新築棟)東面を撮影

宿泊者用のレストラン・ラウンジ

  • レストラン carta.(夕食:17:30~22:00(L.O.21:00)
  • ダイニングラウンジ(朝食:7:00~11:30(L.O.11:00)

事業主は「山内」、ホテル運営は「Plan・Do・See」が担当する。

朝食と夕食に加えてチェックアウト前後のランチの3食付のオールインクルーシブプランで2名1室3食付きで約10万円~(ラウンジのアルコールなどのドリンク・室内のミニバーも宿泊代金に含まれる)

  • チェックイン:15時から
  • チェックアウト:12時まで

ファサード(正面)を撮影

ファサード(正面)を撮影

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました