【神戸】信和不動産「旧東急ハンズ三宮店が入居していた商業ビル」を2021年9月28日取得(2020年12月末閉店)

東急ハンズ三宮店(2019年筆者撮影)

信和不動産(大阪)は、2020年12月31日に閉店した「東急ハンズ三宮店が入居していた商業ビル(エムワンスクウェア)」を2021年9月28日に取得した。

信和不動産の担当者は「まずテナントを誘致したい。それが難しければ、他の用途を検討していく」と話している。

引用 神戸新聞 https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/202110/0014736160.shtml

当ブログの予想ですが、建替える場合、神戸の都心(約292ha)は住宅を建設する場合、容積率が400%に制限されるのでマンションの可能性は低い。

地区面積規制内容
JR三ノ宮駅の南22.6ha住宅建設を禁止
新神戸~JR神戸駅292ha住宅の容積率を400%以下に制限
合計314.6ha

したがって、残る選択肢は「ホテル」「オフィスビル」「商業ビル」だが、収益性が一番高い「ホテル」を軸に開発するのではないか?

当ブログ調べによると敷地面積は1,600㎡で容積率は600%と500%の区画に分かれ平均550%と思われる。したがって、延床面積は8,800㎡程度と予想される。

 

信和不動産が開発した「フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波」(Fairfield by Marriott )

  • 所在地  大阪市浪速区元町2-3-25
  • 敷地面積 1,669.33㎡
  • 延床面積 11,015.50㎡
  • 客室数  300室
  • 階数   地上14階
  • 建築主  信和不動産・プレサンスコーポレーション
  • 設計   IAO竹田設計
  • 施工   信和建設
  • 着工   2019年1月
  • 開業   2020年6月

 

信和不動産が開発した「モクシー京都二条」(マリオット系)

  • 所在地  京都市中京区西ノ京南聖町9番他
  • 敷地面積 1,237.49㎡
  • 延床面積 5,832.55㎡
  • 客室数  158室(住戸1戸)
  • 階数   地上8階・地下1階
  • 建築主  信和不動産
  • 設計   IAO竹田設計
  • 施工   信和建設
  • 着工   2019年7月
  • 開業   2021年7月

 

2021年4月、神戸三宮阪急ビル(29階建)にホテル「レムプラス神戸三宮(209室)」が開業した。

したがって、差別化を図る意味でライフスタイルホテル「モクシー神戸三宮(仮称)200室」が有力と思われる。

最も早い場合、2022年解体、2023年着工、2025年開業というスケジュールではないか?

 

旧「東急ハンズ三宮店」概要

施設名東急ハンズ三宮店(エムワンスクウェア)
所在地神戸市中央区下山手通2-10-1
敷地面積約1,600㎡(当ブログ試算)
延床面積10,730㎡
容積率600%と500%の区画に分かれる(当ブログ調べ)
建ぺい率80%(当ブログ調べ)
店舗面積5,777㎡
階数地上6階・地下2階
営業時間10:00~20:00(当面)
開業1988年3月
閉店2020年12月31日

地図

 

東急ハンズ全体の売上高は966億円、営業利益2億円(2020年3月期)と新型コロナウイルス感染拡大にもかかわらず、黒字を確保しており業績は好調と言える。
新規出店
  • 2019年6月「東急ハンズ浦添海岸店」(沖縄県)開業
  • 2019年9月「東急ハンズ浜松店」(静岡県)開業
  • 2019年11月「東急ハンズ渋谷スクランブルスクエア店」(東京都)開業
  • 2020年2月「東急ハンズグレート・ワールド店」(シンガポール6店舗目)開業
  • 2020年11月「東急ハンズ宮崎店」(宮崎県)開業
  •  沖縄県の人口は145万人と神戸市よりも少ないが、東急ハンズの店舗が3店舗もある。直営店とフランチャイズという違いがあるが、はやり人口が増加しており、訪日外国人と国内観光客の合計で約1,000万人の観光客がいるため、新規出店したのだと思う。
  •  神戸市は人口が減少しており、訪日観光客も神戸をスルーしている。そのためグローバルに展開する店舗は今後も神戸から撤退するのではないか?
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました