【日本最大級 医療集積】神戸医療産業都市(KBIC)【総事業費4,400億円 】

2018年11月撮影

神戸市は、1995年の阪神淡路大震災の復興のために、1998年に「神戸医療都市構想」の検討を始めた。

20年後の2018年には、日本最大級の「バイオ・メディカル・クラスター」に成長したとされる。

しかし、神戸市民はポートアイランド南部にはあまり行かない。そのため、新聞報道をそのまま信じているのではないか?

20年間の総事業費は4,400億円だが、その経済効果があったのか?

スポンサーリンク


神戸医療都市 概要

神戸沖の人口島「ポートアイランド(第2期 南部)」に、先端医療研究所、大学、企業を集積させる開発事業で、1998年に構想の検討を開始した。

構想から20年後の2018年現在、約350施設、約9,400人が勤務している。

20年間の総事業費は、約4,400億円でうち神戸市の負担額は約700億円、残り3,700億円は国の負担額となっている。

しかし、社員数1名、2名の施設もあり、全ての研究所が最先端という訳ではなさそうだ。

 

3つのクラスター

クラスター(集積)施設内容場所
バイオ・クラスター研究・開発施設医療センター駅(北側)
メディカル・クラスター医療機関医療センター駅(南側)
シュミレーション・クラスタースーパーコンピューター京コンピューター前駅

出典 神戸市

 

千寿製薬(大阪市)神戸研究所

所在地神戸市中央区港島南町6丁目4番3
用地面積10,000.01平米
延床面積15,915.16平米
階数地上6階
開発要員200人弱
契約内容土地売買契約(2018年3月30日)
操業予定2018年10月

第一三共の研究子会社「アスビオファーマ」が賃借していた研究施設(社員150人)だったが、2018年3月末までに撤退した。

その後、千寿製薬が神戸市西区の「神戸クリエイティブセンター」など研究施設を統合し2018年10月から操業開始予定。

 

アクセス

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました