ニュース 話題 大阪市/大阪府 神戸/兵庫

灘中学、灘高校、大阪府出身者が一番多い?【2019年度合格者数】

更新日:

東大、京大、全国の大学医学部へ進学する者が多い灘高校は兵庫県神戸市にあるが、2019年度の灘中学の合格者をみると、大阪府出身の合格者は63名で都道府県別で最も多かった。

 

都道府県別大学合格数の意味

週刊誌などで都道府県別大学合格者数が掲載されるが、正確には高校所在地の都道府県別集計だ。

例えば、大阪府に住んで灘高に通学し東大に合格した場合、週刊誌の集計では灘高校の所在地である兵庫県として集計される。

 

都道府県別 灘中学合格者数 2019年度

順位 都道府県 合格者数
1 大阪府 63人
2 兵庫県 48人
3 東京都 45人
4 神奈川県 21人
5 愛知県 14人
6 奈良県 13人
7 京都府 10人
6 滋賀県 9人
8 福岡県 8人
7 広島県 4人

出典 灘中学校 http://www.nada.ac.jp/nyuushi_chu2019.htm

合格者がすべて入学するわけではないが、関西の合格者数の約8割は入学しているようだ。

最近、首都圏から受験生が増加しているが、灘中学の受験日が1月で、東京は2月1日からとなっているので「腕試し」に受験することが多い。

しかし、東京の開成や筑波大学附属駒沢中学に合格すると灘中学には進学しないことが多い。

さらに高校から灘高校に入学する者も約40人程度いるので、灘高卒業生の正確な数字はわからないが、灘高校卒業者の中で最も多いのが大阪出身者である可能性もある。

 

灘高生のうち3分の1は大阪府から通学

灘では、1学年220人中70人余り、つまり3分の1が大阪府在住者であった。(中略)、兵庫県在住者は約100人であり、なんと半数にも満たない。

大阪は奈良の私立高校へのアクセスも良い。東大を志向する(大阪の)生徒は高校から県外に行き、そして大阪府内の高校は、京大・阪大を志向しているのだ。

引用 BLOGS http://blogos.com/article/253085/

年度にもよるが、灘高校の生徒の「3分の1」から「2分の1」は大阪府内から通学していると思われる。

 

灘高校出身有名人

氏名 灘高卒業年 出身地
大西賢(まさる) 日本航空社長 大阪府
山田邦雄 ロート製薬 大阪府
飯泉嘉門 1979年 徳島県知事 大阪府
伊藤芳朗 1979年 弁護士 大阪府
勝谷誠彦 1979年 コラムニスト 兵庫県
和田秀樹 1979年 医師 大阪府
吉田尚正 1979年 警視総監 大阪府
西川知一郎 1979年 裁判官 大阪府
黒岩祐治 神奈川県知事 兵庫県神戸市
鈴木英敬 三重県知事 兵庫県
久元喜造 神戸市長 兵庫県神戸市兵庫区
米山隆一 元新潟県知事 新潟県

灘高の強さって、東大に行くのが当たり前、同級生が知事だから自分もなれるかもしれないという「雰囲気」じゃないかなと思う。

それにしても「徳島県知事」「神奈川県知事」「三重県知事」が灘高出身者とはすごい。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連コンテンツ

スポンサーリンク





-ニュース 話題, 大阪市/大阪府, 神戸/兵庫

error: Content is protected !!

Copyright© 関西散歩ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.