シェラトン鹿児島(地上19階建 228室)2023年5月16日開業(キラメキテラス内)Sheraton Kagoshima

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

南国殖産株式会社(鹿児島市)とマリオット・インターナショナル(本社:米国メリーランド州)は鹿児島市交通局跡地に「シェラトン鹿児島(Sheraton Kagoshima)」を2023年5月16日に開業する。

建物規模は、地上19階建・客室数228室、延床面積約22,500㎡(ホテル部分)で、設計は三菱地所設計・Dai建築DESIGN・大林組設計監理共同体、施工は大林組が担当した。

場所は、鹿児島市電「武之橋電停前」に建設される複合施設「キラメキテラス」内に入居する。

九州地方では、宮崎県の「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」に続き2軒目となる「シェラトンブランドホテルとなる。

アクセスは、鹿児島市電「武之橋電停前」複合施設「キラメキテラス」内徒歩1分。

地図

シェラトン鹿児島 概要

名称 シェラトン鹿児島
英語表記 Sheraton Kagoshima
所在地 鹿児島市高麗町43番1
敷地面積 24,532.34㎡(うち、ホテル2,808.90㎡)
延床面積 22,500㎡(ホテル部分)
高さ 約87m
階数 地上19階・地下1階・塔屋1階
構造 鉄骨造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造
客室数 228室
客室面積 35㎡以上(スイート10室は、約100㎡)
設計 三菱地所設計・Dai建築DESIGN・大林組設計監理共同体
施工 大林組
付帯施設 レストラン・温泉施設・多目的機能室・ガーデンチャペル(屋外イベントスペース)・フィットネスセンター
パブリックインテリア CRÈME(ニューヨーク)
客室デザイン メック・デザイン・インターナショナル(三菱地所グループ)
開業 2023年5月16日
総工費 180億円
アクセス 鹿児島市電「武之橋電停前」複合施設キラメキテラス内徒歩1分
error: Content is protected !!