大阪の新グルメ「瓢箪弁当」を普及させよう。「H-1グランプリ(ひょうたん弁当・ぐらんぷり)」を開催しよう。


瓢箪弁当

大阪グルメと言えば、「たこ焼き」や「お好み焼き」の粉もん、「串カツ」ばかりが注目されている。

しかし、「粉もん」や「串かつ」以外の大阪名物って「特定」のものがない。

そこで、「瓢箪弁当」を大阪の新しい名物グルメとして普及させてはどうか?

瓢箪弁当と言っても容器が瓢箪型であること以外、特別なルールはないので、大阪人の得意な創意工夫を発揮できると思う。

また、「H-1グランプリ(ひょうたん弁当・ぐらんぷり)」を開催すれば、知名度も上がると思う。

 

瓢箪弁当

瓢箪弁当とは?

「瓢箪」は末広がりの形から、縁起がいいものとされてきた。

また、大坂城を築城した「豊臣秀吉」が合戦の馬印として「千成瓢箪」を使用したことから、出世、開運などの意味合いもある。

瓢箪弁当は、3段重ねの食器で形状が「瓢箪」のようになっている。

特定の食材を使用するものではないが、一般的には、「刺身」「天ぷら」「ご飯」の3皿になることが多い。

それ以外では、「鰻の蒲焼」「ステーキ」「大阪押寿司」などの場合もある。

食器を開けるときのワクワク感がいい。

また、立体的な形状がインスタ映えする。

大阪には「かに道楽」の立体看板もあり、そういう意味で立体的な「瓢箪弁当」は大阪の新グルメになりえる。

欧米の「アフタヌーンティー」だって立体的だ。

つまり、「瓢箪弁当」は、大阪の「アフタヌーンティー」や。

知らんけど。

 

日本料理 美松

店舗名日本料理 美松
所在地大阪市中央区北久宝寺町4-2-4
営業時間
  • ランチ 11:30~14:00 LO13:30(ネタが無くなり次第終了)
  • ディナー 17:30〜23:30 LO22:30
定休日日曜日
座席数15席
開業2020年12月10日(旧店舗から移転オープン)
アクセス大阪メトロ「本町駅」徒歩3分

 

error:Content is protected !!