(仮称)宝塚ホテル跡地計画 32階建タワーマンション2棟(高さ109m・638戸 )2026年3月竣工予定(阪急宝塚南口駅前)

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

出典 宝塚市PDF

阪急阪神不動産は、2020年3月末に閉館した兵庫県宝塚市の「旧宝塚ホテル」跡地に、タワーマンション2棟と商業施設を建設する。

建物の規模は、32階建・高さ108.5m(最高高さ113.5m)・総戸数638戸で、設計・施工は竹中工務店が担当する。

旧宝塚ホテル本館をモチーフとした商業施設・医療モール(5区画)も、北棟(上図の右の棟)の手前に建設される。

場所は阪急今津線「宝塚南口駅」前で、阪急「西宮北口駅」乗換で大阪梅田駅まで約30分。

2024年1月(東から撮影)

写真の左の棟が南棟、右が南棟。1戸の専有面積は約70㎡~80㎡と予想される。

 

北棟 2024年1月(東から撮影)

北棟は、目視で地上32階建の24階まで到達している。

南棟 2024年1月(北東から撮影)

南棟は、目視で地上32階建の14階まで到達している。

 

地図

(仮称)宝塚ホテル跡地計画 概要

2024年1月(東側:阪急今津線「宝塚南口駅」から撮影)

名称 (仮称)宝塚ホテル跡地計画
所在地(地番地名) 兵庫県宝塚市梅野町65番1の一部
所在地(住居表示) 兵庫県宝塚市梅野町1-46
用途 共同住宅・店舗
敷地面積 9,808㎡
建築面積 3,926㎡
延床面積 72,796㎡
階数 地上32階・地下1階
棟数 2棟
高さ 108.5m(最高高さ113.5m)
総住戸数 638戸(2棟合計)
構造 鉄筋コンクリート造
建築主 阪急阪神不動産
設計 竹中工務店
施工 竹中工務店
着工 2022年4月上旬
竣工 2026年3月
アクセス 阪急今津線「宝塚南口駅」より徒歩1分

過去写真

2021年2月

2021年2月(阪急宝塚南口駅前から撮影)

2021年2月(南東から撮影)

解体は竹中工務店が担当する

2021年2月(北側の道路を撮影)

 

配置図

旧宝塚ホテル 概要

店舗名 旧宝塚ホテル
所在地 兵庫県宝塚市梅野町1-46
客室数 129室
敷地面積 11,000㎡
設計 古塚正治氏
構造 鉄筋コンクリート造
開業 1926年5月
閉館 2020年3月31日

「旧宝塚ホテル」は、1926年竣工で建築から90年以上が経過し老朽化と耐震性の問題から2020年3月31日に閉館、新しい「宝塚ホテル」は2020年6月21日に移転し新築開業した。

error: Content is protected !!