大塚製薬、「大阪創薬研究所(仮称)」2022年7月末竣工予定(大阪府箕面市彩都)

出典 大塚製薬

大塚製薬(東京)は大阪府箕面市に新薬の研究所「大阪創薬研究所(仮称)」を2021年3月15日に建設着工しており、2022年7月31日に竣工する予定。

建物の規模は、地上4階建・延床面積約2.6万㎡・従業員約200名で、設計・施工は鹿島建設が担当する。

国内では、徳島、大津に次ぐ3か所目の研究所で低分子医薬品に加え、バイオ技術やデジタル創薬の研究施設となる。

大阪大学医学部とはモノレール1本で往来できる。

大塚製薬は、阪大と免疫研究で連携しており、神戸の理化学研究所とも再生医療で連携している。

他企業や研究機関との連携のためオープンラボも設置する予定で、関西地方の医学系研究所との連携深化の役割も期待できる。

場所は、大阪モノレール「彩都西駅」から西へ約1.5kmの場所。

引用・参照

大塚製薬   https://www.otsuka.co.jp/company/newsreleases/2021/20210225_1.html

日刊建産速報社 http://www.ken-san.com/article/view/13219

 

大阪創薬研究所(仮称)物件概要
  • 名称    大塚製薬株式会社大阪創薬研究所プロジェクト(仮称)
  • 所在地   大阪府箕面市彩都粟生北5-1
  • 内容    再生医療やデジタル創薬などの基礎研究
  • 敷地面積  32,241.51㎡
  • 建築面積   6,642.22㎡
  • 延床面積  26,351.89㎡
  • 構造    鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造(免震構造)
  • 階数    地上4階建・地下1階
  • 設計    鹿島建設
  • 施工    鹿島建設
  • 着工    2021年3月15日
  • 竣工    2022年7月31日
  • 従業員数  200名(予定)

 

地図

大塚製薬 概要
  • 会社名  大塚製薬株式会社
  • 本社   東京都千代田区神田司町2-9
  • 設立       1964年8月10日
  • 資本金  200億円
  • 従業員数 5,657名
  • 研究所  徳島研究所、藤井記念研究所(大津)、ケンプリッジ(英)、ボストン(米)、上海(中国)
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました